微糖と低糖、缶コーヒーに含まれる糖分、カロリーの差はどの程度か

微糖と低糖って何が違う?

実は微糖も低糖もほとんど同じらしい

コンビニや自動販売機など、いつでもどこでも気軽に買える缶コーヒー。ブラック、微糖、カフェオレなど種類も豊富ですよね。

缶コーヒーは意外と甘めドールの物が多く、砂糖の量が多いのでは、と心配になる方も多いですよね!

さらには缶コーヒーに書かれている微糖や低糖とありますが一体どんな違いがあるのか疑問に思ったことありませんか。

微糖と低糖の違いは

よく缶コーヒーで微糖と低糖と表示されていますが何がどう違うのか違いをみてみましょう。

「糖」に関する表示のルールがあり、健康増進法で決められています。100mlあたりの「糖」の量により決まります。

無糖は、100ml当たりの糖質は0.5g未満でありを示しますが、それに比べて低糖と微糖は、100ml当たりの糖質は2.5g未満で同じです。

しかし缶コーヒーは各社メーカーによりその含有量も異なり低糖・微糖の表示には甘さにバラつきが生じることがあります。

実際の缶コーヒーのカロリー

以外と多いお砂糖の量

最近では健康に気をつける方も増え、缶コーヒーのお砂糖の量やカロリーが気になりますよね

では実際なの1本当たりの缶コーヒーのカロリーは約30~70キロカロリーと言われております。

砂糖の量に例えると上白糖で大さじ1~2杯(9~18g)に相当になり、角砂糖で1.5~3.5個分のカロリーになります。

1日の砂糖の摂取量の目安はおおよそ25gといわていますので缶コーヒーを2~3本飲むと1日の砂糖の摂取量になります。

缶コーヒーは何処でも購入することができ飲めるので昼の休憩などでついつい飲んでしまいますが、飲み過ぎには気をつけてましょう。

缶コーヒーを選ぶポイント

自分好みの缶コーヒーを選ぶために

缶コーヒーの魅力はたくさんあります、しかも種類が沢山ありどの缶コーヒーが美味しいのか、どれが自分好みの物なのかなかなか選ぶは大変ですよね。

では、自分好みの缶コーヒーを選ぶ為にポイントを紹介しましょう。

① カフェインの量に注目

よく眠気覚ましの目的で缶コーヒーを飲む人が多いですよね、カフェインの量に注目してみましょう。

ただ注意点はカフェインの過剰摂取は頭痛や吐き気などの原因になるので取り過ぎにら注意しましょう。
健康な大人の1日の、カフェイン摂取量は400mgと言われております、、これを守って飲むようにしましょう。

② サイズや量

缶コーヒーは約180mlで飲みきりサイズのコンパクトなイメージが強いですが、最近はキャップ付きで持ち運びが便利なボトルタイプの物も増えています。

270〜400ml本数の大容量のものまであり、好きな時に缶コーヒーを飲みたい、飲みきりサイズでは物足りないという人はおすすめです。

③ 素材から選ぶ

各メーカー豆の焙煎方法やブレンド比率が違うので、味も香りも変わってきます。好みの豆の種類が見つかったら、次はメーカー別に試してみるのもいいでしょう。

市販の缶コーヒーは内容量100gあたりの豆分量で、4つの分類表記が義務付けられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする