大衆演劇がじわじわ人気に、おひねりを渡す意味と金額、作り方

おひねりとはなに?

なんで渡すの?金額はいくらぐらい?

みなさんは大衆演劇について知っていますか?

若い年齢の方はなかなか聞くことがない言葉かもしれませんね(;^ω^)

テレビとかで聞いたことがある方が多いと思います。

また、大衆演劇は知っているけど、おひねりってなに?って思ってる方もいると思います。

今回はそんな大衆演劇についてやその中で出てくるおひねりについてなどを説明して見ましょう。

そもそもおひねりとはなに?

お祝儀のこと!

おひねりとは自分のお気に入りの役者さんに、感謝の気持ちを表したご祝儀なんです^^

大衆演劇は一般大衆を観客にとする、庶民的な演劇の一つなんです!

なので、大衆演劇の役者さんにとったら、おひねりとはすごく大事な収入源なんです!

大衆演劇でお花という言葉があるんですが、ご祝儀のことで別名おひねりともいいます。

お花やおひねりの渡し方ですが、ショーの最中に舞台に行きお気に入りの役者さんに渡します^^

お花やおひねりは感謝の気持ちが大切です!

なので初心者の方は金額にこだわらず、感謝の気持ちを封筒に包んで役者さんの胸元につけてみるといいですよ^^

どれぐらいの金額がいいの?

何に入れて渡せばいいの?

はじめて大衆演劇に行く人の中には、いくらぐらいを渡せばいいのか迷っている方もいると思います。

おひねりの相場としては最低が1万からで最高額になると20万以上包む方もいるそうなんです( ゚Д゚)

しかし、おひねりは感謝の気持ちなんでこれといった決まった金額はありません!

それに必ず渡さなければいけないというルールもありませんので、何回か行き自分のお気に入りの役者さんができ、渡したい!と思った時に渡すのがいいと思います^^

おひねりは封筒に入れて渡すのがいいですね!

最近では現金とかではなく、金額が設定された花の首飾りがあり、初心者の方でも気軽に渡せるようになっているんですよ!(^^)!

渡すタイミングは、曲と曲の間を狙って渡すのがいいです!

まとめとおさらい

金額に決まりはなく、感謝の気持ちによるもの!
・おひねりは金額に決まりはなく、感謝の気持ちによるもの
・渡すタイミングは曲と曲の間で!
・最近では気軽に渡せるように金額の設定された花の首飾りもある
・現金を渡す場合は封筒にいれて、役者さんの胸元に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする