子供の抜け毛がひどい原因、季節の変わり目とアレルギーの影響かも | 楽しいことが一番大切

子供の抜け毛がひどい原因、季節の変わり目とアレルギーの影響かも

スポンサーリンク

子供と抜け毛がひどい!

季節と関係があるかも

子供の抜け毛がひどくなった感じている親ごさんもいるのではないでしょうか。

そんな時、親としてはとても心配になります。

枕に髪の毛がたくさん付いていたり、シャンプーで洗った時など、ゴソット髪が抜けると可愛そうになったり不安になったりします。

幼児や子供の抜け毛の原因や予防はどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

子供の抜け毛の原因

子供なら余計に心配

大人でも髪の毛が抜けると心配なりますが、これが子供となるとさらに心配です。では、子供の抜け毛の理由を見てみましょう。

ストレスが原因

まずず疑われるのは「脱毛症」です。

円形脱毛症は大人がなるものと思われがちですが実は子供もなるのです。

子供の場合、この症状にかかってしまうのは、ストレスが原因になっているものがほとんどです。

まずは子供の人間関係や悩み、不安などがないか聞き、いじめなど、話すのが難しいパターンもあるのでよく観察してみることが大切です。

また、両親の不仲といった周囲の言動にも敏感なので、ストレスを与えるきっかにもなります。

同じ抜け毛でも自分で自分の毛を引き抜いてしまう「抜毛癖」という症状もあります。

子供自身が無意識で髪の毛や眉毛をむしっていることもあります。こちらも精神的なストレスによって発症するもののため注意が必要です。

アレルギーが原因

夏は汗やムレで頭皮が不衛生になりやすく、冬も帽子などを長時間かぶせていると熱がこもってしまいます。

また髪をはじめ、子供は大人と違い新陳代謝が活発です。それらが理由で、かゆみを伴う抜け毛の場合は、アトピー性皮膚炎が考えられます。

ダニ・カビ・花粉・ホコリといったハウスダストにケアして、食べ物のアレルギーがないかを改めて確認してください。

夏バテが原因

実は夏バテも抜け毛の原因が考えられます。

夏バテで食欲がなくなった結果、冷たい飲み物や食べ物ばかり口にしていると栄養不足になり、その結果髪への栄養も不充分になり脱毛の原因になります。

特に夏は大量に汗をかきます、水溶性のビタミン、ミネラルが対外へ流れ出てしまい、さらに夏バテで食欲不振だとダブルパンチになります。

汗で流れ出したビタミンの中には「ナイアシン」という髪に必要な栄養素も含まれ多量の発汗によって皮脂の分泌も多くなり子供の髪、頭皮の環境が悪化する可能性があります。

子供の抜け毛の対策

何科を受診すればよいのか

ストレスが原因の脱毛は、本人すら原因がわからない場合が多くあります。

原因がわかる場合はストレスを取り除いてあげることが一番ですが、不安であれば小児科、皮膚科又は脱毛外来などに相談してみましょう。

一方夏バテによる脱毛の場合は、暑い夏の期間にどれだけバランスのとれ食事を摂るようにするかで決まります。

夏バテによる髪への影響は2~3ヵ月後の秋口に出てくることも多いので、夏場の子供の食生活をケアしてあげることが、一番の予防方法です。

暑さのあまり、アイスやジュースなどなど食べてしまいますが、しっかりとたんぱく質や肉類や魚類も摂り、夏野菜や乳製品、納豆などの発酵食品などもバランスよく摂ることが重要です

冷たいものばかりですと、胃腸が冷えて栄養を吸収する力そのものが弱まります、温かいものも意識して摂れるように心がけましょう。

最後に

子供の抜け毛のまとめ

子供の抜け毛の原因は大まかに3つあります。

●ストレスが原因
●アレルギーが原因
●夏バテが原因

これらの理由が考えられます。

もし、子供の抜け毛がひどい場合は一度専門医に相談しましょう。