子供の歯ぎしりがひどい原因、時期と成長の様子、マウスピースも使える

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供の歯ぎしり治す必要性は?

子供の歯ぎしりメカニズムは

子供が睡眠中にギリギリと歯ぎしりをしたり、または、何かを噛んでいるような動きをするこのようなときは、気になりますね。

子供が歯軋りをするメカニズムはまだ不明な点が多いのですが、幼児期子供の歯ぎしりはごく自然な現象で特別珍しくはありません。

10歳以下の子供の場合、3人に1人の割合で歯ぎしりをしていると言われています。とくに乳歯から永久歯に生え変わる時期には歯ぎしりが起こりやすいと言われております。

スポンサーリンク

子供の歯ぎしりは成長の証!!

大人とは違うことを知ろう

歯ぎしりは成長反応の一種とも言われており、赤ちゃんや幼児などの小さい子供は、歯ぎしりによって上あごを鍛えているといわれています。

また、子供の歯ぎしりは、生えてきた歯が上下できちんとかみ合いすり合わせができるように 体が自然に調節する作業で、大人と異なり、子供の歯ぎしりは病的ではなく、正常な成長をしている証だとも言われています。

マウスピースやナイトガードを使う

これで安心、歯ぎしりの悩み

成長の証とは言え歯ぎしりが気になるママも多いですよね。

そこで歯ぎしりを予防する方法にマウスピースやナイトガードがあります。

歯列矯正によく使用されるマウスピースは、歯ぎしりの治療にも使われます。

マウスピースはお湯で柔らかくして作る市販物も売られています。

歯の形状や並びは個人差があるので、歯科で作るマウスピースは違和感も少ないようになっています。

最初のうちは、就寝時に装着して使用するのを嫌がったり、寝ているうちに口から外れてしまったりすることも考えられますが、慣れれば異物感もなく熟睡できるようになります。

歯ぎしりは歯の修正にもなる。

歯ぎしりで考えられる原因は?

歯ぎしりは噛み合わせの調整のために起こるものですが、歯ぎしりを続ける事で噛み合わせの悪さが多くのトラブルを招くことがあります。

虫歯や歯周病の原因になる

歯ぎしりの原因にもなる歯並びの悪さは、特定の歯にだけ過度の負担をかけます。

他の歯に隠れ、歯みがきなどで歯垢を除去しにくく、虫歯になりやすくなっている歯もあるかもしれません。

子供でも部分的な歯周病を引き起こしてしまうことがあり、最悪の場合、歯が抜けてしまう可能性もあります。

消化不良を起こす

早食いもまた歯ぎしりの要因のひとつとも言われています。

さらに「よく噛めない」という事は、食べ物をしっかりとすり潰せていないという事につながるので、胃に負担をかけてしまい、日常的に消化不良を起こしている可能性があります。

発音が上手くできない

噛み合わせの異常は、滑舌も悪くします。発音も上手にできなくなります。

成長途中の子供の自信を喪失させてしまうこともあります。ハキハキとしゃべれないのは性格のせいだけではなく歯ぎしりが原因の場合も考えられます。

最後に

まとめると

子供の歯ぎしりは自然なものと言われますが。

長期に渡って歯ぎしりを行う事でトラブルも考えられます。

子供の歯ぎしりが気になる場合は一度専門医を受診しましょう。