チーズケーキの美味しさに取りつかれて、カフェの味を手作りしよう

よく見かけるけど、案外知らないタルトの意味

タルトもお菓子の一種

実は、タルトは、菓子の一種なんですね。これは焼き菓子といた意味でラテン語「tōrta」に由来しているそうです。タルトという言葉自体はフランス語ということです。

タルト生地の種類

タルト生地にも色々あるそうです。

・パートシュクレ

脂肪分より糖分の割合が多いタルト生地です。カリッと堅く仕上がります。カスタードのようなクリームを入れて使われます。

・パートサブレ

糖分より脂肪分の割合が多いタルト生地です。バターがたっぷり入っているので、サクサクした軽い歯ざわりになります。脂肪分が多いのでカットしやすくなります。

・パートブリゼ

型専用のタルト生地のことを言います。昔はパイに近かったみたいですが、現在は脂肪分と糖分が少なめの固めの生地を使います。

どちらかといえばサブレ生地に近く、タルトショコラやキッシュなどに使われます。

今回はこのパートブリゼを使います。

【 タルト生地 】

<材料>

・薄力粉・・・・・220g
・上白糖・・・・・・60g
・塩・・・・・・ひとつまみ
・無塩マーガリン・・100g
・冷水・・・・・大さじ1.5

※オーブンは180度に予熱しておきます

<作り方>

1 .粉類をボウルに入れ泡立て器で混ぜます。
2. マーガリンをいれ、粉をまぶしてポロポロの状態にしていきます。
3. 冷水を加え、大きなダマが出来るくらいにします。
4.ラップに包み冷蔵庫で15分くらい冷やします。
5. 台に取り出し、薄く打ち粉をして綿棒で伸ばします。
6. タルト型に入れ、フォークでまんべんなく穴を開けます。
7.180度のオーブンで20~25分くらいきつね色になるまで焼きます。

【ベイクドチーズケーキフィリング】

<材料>

・クリームチーズ・・・・200g
・砂糖・・・・・・・・60g
・生クリーム・・・・・・80ml
・プレーンヨーグルト・・80g
・レモン汁・・・・・・・小さじ1~2
・卵・・・・・・・・・・1コ
・薄力粉・・・・・・・5g
・コーンスターチ・・・5g

※クリームチーズは常温で柔らかくしておきます。

<方法>

1. ボウルにクリームチーズを入れて混ぜ、砂糖を加えてさらに混ぜます。
2.生クリーム、ヨーグルト、レモン、卵の順に加えて混ぜます。
3.粉類を茶漉しでふるい入れて、よく混ぜます。
4.タルト台に流し入れて160度のオーブンで、40~50分 湯せん焼きします。
5.焼きあがったら型ごと、冷蔵庫で3時間以上冷やします。

定番のレアチーズケーキを簡単に

お店の美味しいあのチーズケーキを家庭で

作り方は、超簡単、混ぜて冷やすだけ。

それだけで、簡単なのに美味しすぎるのがこのレアチーズの特徴なんです。

お店で味わうレアチーズケーキをおうちのスイーツにいただきましょう。

用意するもの(15cm丸型 1台分です。)

・クリームチーズ 150g
・グラニュー糖 100g
・レモン汁 大さじ1
・プレーンヨーグルト 大さじ3
・粉ゼラチン 5g
・水 大さじ2
・ビスケット 6~7枚(50g程度)
・バター 10g
・はちみつ 小さじ1

作り方

【下準備】

・バターを室温に戻す。
・クリームチーズを室温に戻す。

1.ビスケットをビニール袋に入れてつぶし、バターを入れて袋の中で混ぜあわせる。
2.型の底にラップを敷き、そこにビスケットを入れて、表面を平らにならしてから、冷蔵庫で冷やす。
3.耐熱容器に水、ゼラチンを入れてふやかす。さらに600Wのレンジでゼラチンが溶けるまで10から20秒加熱して、混ぜて溶かす。
4.ボウルにクリームチーズ、グラニュー糖、レモン汁、ヨーグルトを入れて混ぜる。
ふやかしたゼラチンを湯せんで溶かすか、電子レンジで約20~30秒加熱して溶かし、加え混ぜる。
5.2でつくった台に4の生地を流して、冷蔵庫で約2~3時間冷やして固める。

チーズケーキが簡単にできる

これをしない手はない、とっておきの方法

この方法はフライパンだけを使うやり方です。

直径20cmのフライパンが使いやすいかなと思います。

中心まで火が通っているかを、竹串などを指して確認してやれば、間違いなくうまくできるでしょう。

では材料です。これで1台分になります。

<材料>

・クリームチーズ 400g
・サワークリーム 100g
・グラニュー糖 120g
・溶き卵 (M) 2個分
・生クリーム 100ml
・コーンスターチ 大さじ2
・レモン汁 大さじ1
・バニラエッセンス 10滴
・ビスケット 100g
・溶かしバター (無塩) 50g

<作り方>

下準備.

・クリームチーズは常温に戻しておきます。

1.ジッパー付保存袋にビスケットを入れます。それを麺棒で均等に砕き、溶かしバターを入れて揉んで柔らかくします。それをフライパンに敷き詰めて、冷蔵庫で30分ほど冷やします。

2.耐熱ボウルにクリームチーズ、サワークリームを入れてラップをします。そして600Wの電子レンジで1分加熱して柔らかくします。

3.2にグラニュー糖を加えてから泡立て器で混ぜ合わせます。そこへ溶き卵を加えて混ぜ合わせます。

4.3に生クリーム、コーンスターチ、レモン汁、バニラエッセンスをを加えます。そして均一になるまで混ぜ合わせ、1に流し入れてから、蓋をして弱火で60分加熱します。

5.中心まで火が通ったら、火から下ろして粗熱を取ります。冷蔵庫で2時間ほど冷やします。固まったらフライパンから出し、切り分けます。

チーズケーキとチョコレートの組み合わせ

ベイクドチーズケーキとチョコレートの組み合わせ

チョコレートケーキも好きだけど、やはり、チーズケーキにはかなわないよな、というわけで、両方を合わせてみました。

ベイクドチーズケーキにチョコを混ぜたら、びっくり、日持ちも良くて、型崩れもせず、簡単でした。

型に流し入れるときは、こし器でこしながら入れたほうが滑らかになってグッドです。

丸い型もいいけど、四角い型で焼いて、チーズケーキバーを作るのもいいかもしれません。

うまくできたらプレゼントにも使えます。

<材料>

ホールケーキ型15cm~18cm位 1台分
・クリームチーズ 1箱(200g)
・砂糖 30g
・卵 2個
・牛乳 100ml
・チョコレート 50g
・バター 20g
・薄力粉 大さじ2杯
・純ココアパウダー 大さじ1杯

<作り方>

1. ~下準備~
・材料を量って、室温に戻しておきます。

・オーブンは180度にあたためておきます。

2.ボウルにクリームチーズを入れて、ゴムベラでよく練ります。そこ砂糖を入れて、よくかき混ぜます。

3.卵をよく溶きほぐして、2に少しづつ入れてよく混ぜます。

4.小鍋に牛乳を入れて、温まったら刻んだチョコレートを入れて溶かします。よく混ぜて、バターも入れ、溶かしながらよく混ぜます。

5.4が十分冷めたら、3に少しづつ入れ、よく混ぜます。

6.薄力粉と純ココアパウダーを粉ふるいに入れ、5にふるい入れて、ゴムベラでサックリと混ぜます。

7.型にバターを塗ります。そこに6の生地を流し入れます。

8.180度にあたためたオーブンで40分焼きます。焦げそうになったらアルミホイルを被せます。

9.焼きあがったら、竹串を刺します。生地がついてこなければオーブンからとり出して粗熱をとります。

10.冷蔵庫でよく冷やします。

チーズケーキとヨーグルトは抜群の相性

ヨーグルトがチーズの味を引き立たせてくれる

ヨーグルトとチーズケーキってとても相性がいいんです。

今回は、材料は少なめに使うことで無駄がなく、楽ちんに出来ます。

ヨーグルトを使うと、チーズの濃厚な味に酸味が少し加わって、バランスが良くなります。

クリームチーズを混ぜる時に、手ではなかなかうまく混ざらなくて困っていた時、フードプロセッサーを使ウト、簡単にできたので、紹介します。

チーズは、使用前に常温に戻しておくことが大切です。

さらに、ホットケーキミックスを使ったのは、小麦粉を振るわなくて済むので、楽チンなんですね。

オーブンが焦げやすい場合はアルミホイルをかぶせて焼くとうまくいきます。

フードプロセッサーの代わりに、泡だて器を使っても大丈夫ですが、少し時間はかかってしまうと思います。

<材料>

1つ分(15cm型))
・クリームチーズ 250g
グラニュー糖 100g
卵 2個
ヨーグルト(無糖) 80g
ホットケーキミックス 30g

<作り方>

下準備.
クリームチーズは常温に戻しておきます。オーブンは180℃に予熱しておきます。

1.クリームチーズとヨーグルトをフードプロセッサーにいれて、しっかりと混ぜ合わせます。

2.ボウルに卵をときほぐします。そこにグラニュー糖を加えて混ぜ合わせます。

3.2に1を加えて混ぜ合わせます。

4.ホットケーキミックスを加えて混ぜ合わせます。

5.ケーキ型へ生地を流し込みます。

6.180℃のオーブンで45分焼きます。これで完成です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする