子供の勉強机をリビングに置く理由、デメリットも、折りたたみが人気

子供の勉強机は子供部屋?

入学と同時に子供机は買うことが多い

小学校にもだんだん慣れてきて、おうちでの宿題も始まると、学習机を使う機会が多くなります。もう入学と同時に購入した人もおられるでしょう。

これから長い期間使うことになる学習机選びは、大きさやデザインなどいろいろ悩む点です。

さらに勉強机を子供部屋に置くべきか又はリビングに置くべきかどうか、迷いはたくさん!

そんな勉強机についてお話ししましょう。

勉強机はリビングに置くのが1番だという説

リビングに置く理由

最近、勉強机を子供部屋に置かずリビングに置く家庭が増えてきています。

ではなぜリビングに置く家庭が増えてきているのでしょう。

リビングに勉強机を置く割合は実に7割近くの小学生がリビングで学習をしているといった結果があります。

そこで、勉強しやすいように、リビングのスペースに合わせた機能的な勉強机を購入したり、ダイニングテーブルで勉強ができるように工夫をしているご家庭も多いようです。

なぜリビングに勉強机をおくのかというと、子どもがリビングの勉強机で勉強をしていると、お父さん、お母さんが用事をしているときにでも、ちょっとした合間に気軽に勉強を教えてあげらと理由があげられます。

しかし、リビングに勉強机をおいた場合にはデメリットもあります。

リビングにテレビを置いている場合はテレビがついたままの状態になり、我が子もそうですが、リビングで勉強をしているとテレビを見てしまい集中することができなくなったり、時間だけが過ぎて宿題や勉強が終わらない状況になりやすいです。

リビングの環境に気を配ることが必要です。リビングに勉強机を置く場合は良いところとそうでない場合があります。

リビングにぴったりな勉強机

最近人気は折折りたたみ机

リビングに勉強机はコンパクトで折りたたみが出来る机がとっても人気なんです。

折り畳み机の選ぶポイント

サイズや収納力、椅子

大きめの教科書やプリント等はA4サイズ基準で作られているものが多く、見開きではおよそ42cm、2冊を開いて横に並べると84cm程度になります。

勉強しやすさを考えて学習机のサイズを選ぶなら、余裕をもって横幅95cm×奥行き45cm以上の机がおすすめ。

お部屋のコーディネート

子どもに好まれやすいかわいらしいデザインの学習机を選べば、机に向かう習慣がつきやすく楽しくなります。

しかし、リビングに学習机を置く場合、お部屋のコーディネートに合わないと違和感を覚えるインテリアになりかねません。

一方、シンプルな学習机ならリビングや和室にも合わせやすく、大人になっても使えるメリットもあります。天然木素材、無垢材など高級感のある材質なら長く大切に使えます。