スポンサーリンク

育児ノイローゼでしんどい、特徴のある症状から危機を脱するには

スポンサーリンク
スポンサーリンク

育児ノイローゼは誰にでもなる可能性が

ほんと、子育ては疲れるもの

生まれたての赤ちゃんは見ているだけで可愛くて癒されるますよね!

しかし、ちゃんと育てていけるのか不安もいっぱいです。

特に初めての子育てなら、イライラや不安を感じるのは当然のこと!!

その不安やイライラが育児ノイローゼに繋がる危険性もあります。

出産前は我が子の誕生を心待ちにしていたはずなのに、いざ赤ちゃんとの生活が始まると、24時間子供と接し自分の時間が全て奪われるのです。

このことからストレスを感じ、産後うつや育児ノイローゼになってしまう方も増えています。

出産前は仕事も私生活も、基本的には自分のペースで送れていたものの、出産後はそれが激変し、子供が中心の生活になります。

毎晩続く夜泣きや授乳があるため、朝までぐっすり眠れることは稀で、出産で大変な思いをしたばかりなのに、すぐ育児の生活が始まるわけです。

したがって、疲労が溜まったまま心が休まる間もほとんどなくなると、育児疲れがたまり、この様な状況が続くと育児疲れやストレスになってしまいます。

スポンサーリンク

育児ノイローゼの原因

原因を知れば解決も見える

では実際に育児ノイローゼになるのはどのような原因でしょうか?

その1.自律神経の乱れ

いわゆるマタニティーブルーには、医学的な原因があります。

出産後は女性のホルモンバランスが大きく変化し、自律神経が乱れ出産すると妊娠継続に必要だったホルモンは出なくなり、一ヶ月以上かけて以前の状態にゆっくり戻っていきます。

この間はホルモンバランスが不安定になり、肌荒れやイライラ、疲れなどが出やすくなります。

その2.完璧主義

はじめての育児は分からないことだらけで不安なもの。そこで育児書や雑誌を見て一生懸命勉強し、なかなか育児が思い通りにはいきません。

真面目で一生懸命なお母さんほど、理想通りにいかないと大きなストレスを感じ育児ノイローゼになってしまいます。

スポンサーリンク

育児ノイローゼの特徴的な症状

育児ノイローゼの判断は難しい

いつも育児に頑張っているママですが、なかなか育児ノイローゼの症状には気づかない方も多くいると思います。

育児ノイローゼの特徴的な症状はどんなものがあるのでしょうか。

◎ 頭痛やイライラ

育児中は本当に余裕がなくイライラしてしまう事が多々あります。

イライラをしてしまい旦那や周囲の家族に八つ当たりをしたり、時にはイライラが募って頭痛を引き起こしてしまうことも。

◎無気力になる

赤ちゃんのお世話をするのでいっぱいいっぱいになってしまい、家事がまったく手につかなという事もあります。

そんな時は思い切って、家事代行サービスを利用したり、全てを完璧にやろうとすると疲れてしまうので、程よく手を抜きましょう。

◎不眠になる

生まれたての赤ちゃんは夜中でも授乳の回数が多く、夜中の頻回授乳や夜泣きで満足に眠れないことから、睡眠の質が低下したり、育児ストレスで満足に眠れず不眠に繋がります。

これらの症状が育児ノイローゼの特徴的な症状と言われています。

中々育児ノイローゼに気付きにくいと言われています。これらの症状がでた場合は専門医に相談しましょう。

スポンサーリンク

最後に

まとめると

育児ノイローゼは自分が知らず知らずのうちになってしまっている可能性があります。

育児ノイローゼは誰しもがなる可能性があります。

ならない為にも自分一人で抱え込まず周りの家族の方も協力しましょう。