忌み言葉の意味、歴史と由来、例えばスルメがあたりめと呼ばれる理由 | 楽しいことが一番大切

忌み言葉の意味、歴史と由来、例えばスルメがあたりめと呼ばれる理由

スポンサーリンク

忌み言葉が示す言葉の大事さ

日本らしい言い換えの例

スルメって食べますよね。

でも、袋にあたりめなんて書いてあったりして、これなに?って思った事ないですか。

スルメとは、イカの胴体を縦に開いて、内臓を取り出してから、天日干しや機械で乾燥させたものです。

実は、このスルメ、日本では祝儀などに縁起物として用いられるそうです。

また、昆布とともに結納品の一つになっているという事です。

ただし、結納の場合は「寿留女」と当て字をするそうです。

大相撲の土俵には、縁起物としてこのスルメが埋められているとか。

ではなぜ、あたりめと呼ばれるようになったのでしょうか。

スポンサーリンク

縁起物であるがゆえの運命

忌み言葉の例の一つ

このスルメは「する」という言葉が博打でお金が無くなってしまう「擦る」や、財布やお金を盗む「掏る」に通じているというのです。

そして、そこから、縁起が悪い「忌み言葉」として嫌われる事になるのです。

そして、あえて言い換えて「当たり目」というようになったという事です。

他にもある忌み言葉

みんな普通に使っている

有の実

フルーツの一種である梨ですが、有の実と呼ばれることがあるそうです。

お開き

披露宴や宴会などが終わることをお開きと言ったりするのも同じような感じで、忌み言葉です。

鏡開き

鏡餅も、鏡餅を割ることからいえば鏡割りになりますが、この「割る」が忌み言葉になり、縁起の良い席にふさわしくないため、「鏡開き」になりました。

卯の花

おからはからっぽを連想させるので「卯の花」になりました。

ヨシ

ヨシという和名は、「アシ」が「悪し」に通じるので、逆の意味の「良し」に言い替えたそうです。

結婚式での忌言葉

こだわりの数々

次のような言葉は結婚式では忌み言葉になるので、使わないようにするそうです。覚えておきましょう。

・いとま・・離婚
・薄い・・・縁が薄い
・終わる・・愛が終わる、死
・重ねる・・再婚
・嫌う・・・夫婦の不和
・切る・・・縁を切る
・壊れる・・愛が壊れる
・閉じる・・死、愛がなくなる
・再び・・・再婚
・滅ぶ・・・死、愛の終わり

ウェディングケーキは切るのではなく、ケーキにナイフを入れると言いますし、披露宴も終わるではなく、お開き、と言い換えます。

さらに、二度繰り返す重ね言葉も、再婚に通じるので縁起が悪いと言われ、いろいろ、ますます、たびたび、重ね重ねは使わないそうです。