スポンサーリンク

永観堂の紅葉2023!見頃、ライトアップ、混雑状況、駐車場などの情報

スポンサーリンク

京都の名所、永観堂では毎年秋になると美しい紅葉が楽しめます。特に2023年の紅葉シーズンでは、見頃の時期やライトアップ情報、混雑状況、そして駐車場情報などが気になるところでしょう。本記事では、永観堂の紅葉シーズンに関する詳細な情報をお届けします。是非、この機会に紅葉の美しさを堪能しに足を運んでみてください。一生に一度の絶景体験が待っています。

スポンサーリンク

永観堂の紅葉のライトアップについて

スポンサーリンク

永観堂の紅葉ライトアップ

永観堂は、美しい紅葉で知られる場所の一つで、特に有名です。このお寺は正式には禅林寺と呼ばれ、863年に建立された歴史ある場所です。

今回は、永観堂の紅葉ライトアップの時間、見頃、混雑状況、駐車場など、2023年の最新情報を詳しく紹介します。

永観堂の紅葉2023!詳細なライトアップ情報

2023年の永観堂ライトアップ

今年もライトアップが開催されます。ライトアップ期間は以下の通りです。

期間:11月3日から12月3日
時間:17:30から20:30(閉門は21:00)
入場料:600円(中学生以上)

ライトアップ期間が長く、写真やビデオの撮影が許可されるため、思う存分楽しむことができます。阿弥陀堂と庭園がライトアップされるため、素晴らしい写真が撮れるでしょう。

次に、2023年の紅葉の見ごろと混雑回避のポイントについて紹介します。

永観堂の紅葉2023!見ごろと混雑回避

見ごろと混雑回避

通常、永観堂の紅葉の見ごろは、例年通りであれば11月中旬から下旬にかけてと予想されます。この期間は他の観光スポットと同様に混雑する傾向があります。

したがって、混雑を避けたい場合は早朝(午前9時頃の開門)がおすすめです。ただし、混雑してもゆっくり楽しむことができるため、安心して訪れることができます。

基本情報(秋の寺宝展)

料金は例年通りです。
一般:1,000円
小中高学生:400円
拝観時間:午前9時から午後5時(受付は午後4時で終了)

見どころスポット

放生池

放生池は、魚が放される池で、水面に映る紅葉が美しいと評判です。

多宝塔

多宝塔は境内で最も高い場所にあり、建物と紅葉が調和し、ライトアップも素晴らしいスポットです。下から見るのも、上から景色を楽しむのもおすすめです。

永観堂の宿泊情報

宿泊情報

紅葉をゆっくり楽しみたい方には、宿泊がおすすめです。駐車場の問題や混雑を避けて、ホテルや旅館で贅沢な時間を過ごしましょう。

永観堂のアクセスと駐車場・基本情報

アクセス

永観堂へのアクセス方法はさまざまです。バスや電車を利用することで、簡単にアクセスできます。

バス

– JR京都駅から市バス5系統「南禅寺永観堂道」:徒歩3分
– JR京都駅から市バス100系統「東天王町」:徒歩8分

電車

– 地下鉄烏丸線「京都駅」から「烏丸御池駅」で、地下鉄東西線六地蔵方面行きに乗り換え、「蹴上駅」から徒歩15分
– 京阪電車「三条駅」から市バス5系統「南禅寺永観堂道」:徒歩3分
– 京阪電車「神宮丸太町駅」から市バス204、93系統「東天王町」:徒歩8分
駐車場は永観堂にはありませんが、近くの岡崎公園駐車場などを利用できます。ただし、駐車場が限られているため、公共交通機関を利用することをおすすめします。2023年の情報が入手でき次第、更新します。

1:岡崎公園駐車場

住所: 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町63番地
永観堂まで徒歩20分
料金: 初めの1時間 510円、その後30分ごとに210円(日祝以外は最大料金1,400円)

2: akippa駐車場(予約必須)

– 住所: 京都市左京区浄土寺真如町150-2
– 永観堂まで徒歩16分
– 料金: 1,100円から(予約はakippa公式サイトから)

基本情報

永観堂の歴史は古く、853年に真言宗の寺院として始まりました。本尊の阿弥陀如来像には伝説があり、永観律師が修行中に動き出したとされています。

2023年にも変わらぬ姿で参拝できます。紅葉と一緒に訪れ、美しい景色を楽しんでください。

まとめ

この記事では、永観堂の紅葉(2023年最新情報)について紹介しました。

通常の紅葉を楽しむなら開門直後、ライトアップの紅葉を楽しむなら閉門近くに行くと混雑を避けられるでしょう。秋の京都を代表する永観堂の美しい紅葉をぜひ楽しんでください。」