スポンサーリンク

クリスマスイブとクリスマスの違い、日本とヨーロッパでの違いは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クリスマスイブとクリスマスの違いを挙げると

クリスマスはイエス・キリストの生誕を称える祝日で、毎年12月25日に祝われます。
クリスマス・イブは、通常、12月24日全日と見なされることが多いですが、「イブ(eve)」は実際には「夜(evening)」を意味し、祭りの前夜、つまり12月24日の夜を指します。

クリスマスの日付

通常の暦と教会暦では、クリスマスの日付の考え方が異なります。教会暦では、日没が一日の終わりと見なされ、24日の日没から25日の日没がクリスマスとされています。

これに基づくと、クリスマス・イブは厳密にはクリスマス当日の夜を指し、両者は同じ日になります。
そして、教会暦では25日の日没以降は通常の日と見なされます。

クリスマスの祝い方

日本でのクリスマスの祝い方は、デートやディナー、パーティーなどの季節のイベントとしてみられることが一般的です。ほとんどのイベントは24日のイブに集中し、それがクリスマスの主要な部分と見なされる傾向があります。

クリスマスが週末にあたる場合、25日にもパーティーが行われることがありますが、主には子供へのプレゼント贈呈が行われ、夜には普段の日常に戻ることが多いです。しかし、クリスマスが金曜日や土曜日にあたる場合は、25日の夜も祝いが続き、クリスマスの主要な日となる可能性があります。

スポンサーリンク

クリスマスイブ(12月24日)

夜の祝い

クリスマスイブは夜に祝うのが一般的です。家族や友人、恋人と一緒に過ごし、特別なディナーを楽しんだりします。

教会のミサ

キリスト教の信者の中には、クリスマスイブの夜に教会に行き、ミサに参加する人もいます。これは「クリスマス・イブ・ミサ」と呼ばれ、イエス・キリストの誕生を祝います。

プレゼントの交換

一部の地域や家庭では、クリスマスイブの夜にサンタクロースからのプレゼントを開ける習慣があります。

クリスマス(12月25日)

公休日

多くの国ではクリスマスは公休日です。しかし、日本では通常の平日です。

家族との時間: 家族で過ごす時間とされており、一緒に過ごす家族も多いです。家族揃っての食事が特徴です。

教会での祝賀

クリスマスの日には教会で特別な礼拝やミサが開かれます。
プレゼント: サンタクロースから子供たちにプレゼントが配られるという習慣が広く知られています。

イベントとしての特徴

クリスマスイブ

よりロマンティックな側面が強調される日で、カップルがデートを計画する場合もあります。レストランでは特別メニューが提供される場合もあります。

クリスマス

家族が集まってクリスマスディナーを楽しむのが一般的です。クリスマスの料理やデザート、プレゼント交換などが行われます。

各家庭や地域、国によって祝い方にはバリエーションがありますので、一概には言い切れませんが、一般的な特徴は上記のようになります。

日本とヨーロッパのクリスマスの祝い方の違い

1. 宗教的背景:

ヨーロッパ

キリスト教が深く根付いている国が多く、クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う宗教的な行事として広く祝われています。教会でのミサや礼拝が一般的です。

日本

日本は非キリスト教国であり、クリスマスはあまり宗教的な意味を持っていません。商業的なイベントとして捉えられている場合が多いです。

2. 祝い方:

ヨーロッパ

家族と一緒に過ごす時間として重要視されます。家族でクリスマスディナーを楽しんだり、プレゼントを交換したりします。

日本

カップルや若者が主に楽しむイベントとされており、デートやパーティーで祝われることが一般的です。

3. 食事:

ヨーロッパ

伝統的なクリスマスディナーは、七面鳥や鶏、ジビエなどが中心です。それに加えて、さまざまなサイドディッシュやデザートが提供されます。

日本

クリスマスケーキやケンタッキーフライドチキンがポピュラーです。

4. デコレーション:

ヨーロッパ

クリスマスツリーをはじめ、家や町全体がクリスマスのデコレーションで飾られます。

日本

クリスマスツリーやイルミネーションはあるものの、ヨーロッパほど派手なデコレーションは一般的ではありません。

5. 期間:

ヨーロッパ

アドベントから始まり、12月25日のクリスマスデイにピークを迎え、その後もクリスマスシーズンが続きます。

日本

クリスマスの祝いは主に12月24日のクリスマスイブに集中しています。
これらの違いからもわかるように、文化や宗教の違いから来るクリスマスの祝い方の違いが見られます。