スポンサーリンク

嫁の祖父・祖母が亡くなった場合、葬式に行くべきかどうか、忌引はどうする?

スポンサーリンク


妻の祖父母の訃報を受けた夫が、葬式に参列すべきかどうか、迷う場合もあるでしょう。

仕事の都合や距離など、様々な理由から参列が難しい場合もあるかもしれません。特に妻が亡くなった方と非常に親しかった場合、夫として支えなければならない気持ちも強くなります。

この記事では、夫が妻の祖父母の葬式に参列すべきか、または参列が難しい場合の対処方法について説明します。

スポンサーリンク

妻の祖父・祖母の葬式、夫は参列すべき?

要するに、妻の祖父または祖母が亡くなった場合、夫の参列は一般的な礼儀として考えられます。面識が少なくても、社会的な慣習として葬式には出席すべきです。

感情よりも、この場合の参列は「姻族」としての責任から来ていると理解すべきです。

葬式への参列基準

妻の祖父・祖母は、夫にとって「姻族」にあたります。通常、葬式には「6親等以内の血族」と「3親等以内の姻族」が出席します。これには

・配偶者の父母
・配偶者の祖父母
・配偶者の曾祖父母
・配偶者の伯叔父母
・配偶者の兄弟
・甥
・めい

などが含まれます。この慣習に基づき、夫は妻の祖父母の葬式に参列すべきです。
「配偶者」とは、夫にとっては「妻」、妻にとっては「夫」を指します。

そのため、妻の祖父母が亡くなった場合、夫にとっては姻族にあたり、葬儀に参列するのが一般的な礼儀とされています。多くの職場では、「忌引き休暇」が取得できることも多いです。

一般的に、祖父母の葬儀には3日間の忌引き休暇が取得でき、この期間は仕事を休んで葬儀に参列するのが一般的です。

スポンサーリンク

祖父・祖母の葬式での職場の対応

参列が難しい場合の対応

葬式に参列することが難しい理由がある場合、例えば遠方である場合や、仕事の都合など、その理由をきちんと説明し、謝罪の意を表す必要があります。

家族や親族から「参列しなくても良い」と言われる場合でも、自身の状況と理由をはっきり伝えましょう。

配偶者とのコミュニケーション

また、葬式に参列できない場合、配偶者に対して十分な説明と理解を求める努力も必要です。配偶者も大切な人を亡くしているので、感情を思いやる姿勢を持ちましょう。

配偶者に「仕事の都合で参列が難しい」と伝える場合も、相手の感情を思いやりながら、誠実に伝えるよう心掛けましょう。

妻の祖父母の葬儀に参列できない時、香典の対応は?

香典は通常、一世帯から一回分です。したがって、もし妻だけが葬儀に出席する場合、妻が香典を持っていく形になります。

夫婦であれば、「3万円+供花」が通常の額です。主に、夫が供花の準備を担当することが多いです。また、後日、改めてお悔やみの言葉を伝えましょう。

葬儀に参加できなかった場合の対処法

仕事などの理由で葬儀に参加できなかった場合、後日改めてお参りに行くのが良いでしょう。香典は前もって渡してあるはずなので、何か新しいものを持って行く必要はありません。

しかし、何も持たずに行くのも何なので、お線香やお菓子などを持って行くと良いです。お参りの日時は、家族の都合を考慮して計画しましょう。

法要について

・四九日
・一周忌
・三回忌

これらの法要に出席するかどうかは、地域や家族の状況により異なります。配偶者やその家族と相談して決めるのが適切です。

まとめ

葬儀の参列は基本、しかし状況による違いも

配偶者の祖父母の葬儀には、可能な限り参加するのが基本です。もし参加できない場合は、香典を渡し、謝罪の意を表し、後日お参りに行くべきです。

しかし、地域や家族の関係により対応は変わる可能性もあります。配偶者の意向や家族の状況により適切な対応を心掛けましょう。礼儀を守り、適切に対応することが重要です。