スポンサーリンク

不成就日に契約をしたら縁起が悪いと言われるわけ、いい日取りの決め方について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

不成就日での契約、縁起が悪いとされる理由

不成就日に重要な契約を行うことが縁起が悪いとされる背景には、日本の伝統的な暦注の考え方が関係しています。不成就日は、選日の一環として暦注に記載される凶日の一つです。

暦注とその役割

暦注は、日本の伝統的な暦に掲載される吉凶占いのことで、私たちの生活にも密接に関係しています。たとえば「大安で結婚式を挙げる」「友引は葬儀に不向き」といったように、六曜をはじめとする暦注の吉凶に基づいて、冠婚葬祭の日取りを決めるのが一般的です。

選日の意味と重要性

選日は、暦注における六曜、七曜、九星、十二直、二十八宿、暦注下段に分類されない日の総称です。不成就日はこの選日の中で特に凶とされる日で、文字通り「何も成就しない」という意味が込められています。

不成就日の契約について

このため、不成就日に契約を行うことは、成功しない、成就しないという不吉な暗示を持つとされています。契約という重要な行事で、目指す成果が得られないことを避けたいという考えから、この日は避けられがちです。

ただし、現代ではこのような伝統的な考えを重視しない人も多く、実際に不成就日に契約を行っても何の問題もなく進むケースは少なくありません。しかし、伝統を尊重する立場からは、不成就日での契約はなるべく避けるのが一般的です。

スポンサーリンク

契約日の選定方法と縁起の良い日について

契約日の選び方

契約日の選定には、以下のような方法が一般的です。

吉日を優先する

吉日の選定は、通常、結婚式や入籍、子どもの行事などのお祝い事に用いられますが、不動産や高価な車の購入など、大きな金銭が動く契約にも用いられることがあります。これらの契約では、縁起の良い日を選ぶことが多いです。

週末を選ぶ

平日は仕事で忙しい人たちは、週末を契約日として選ぶことが多いです。ただし、縁起を重視する場合は、吉日と重なる週末を選ぶことがあります。

月初や月末に合わせる

契約内容によっては、月初めや月末の方が都合が良い場合があります。このような時は、都合に合わせて日取りを決めることがあります。

縁起の良い日での契約に適した日

契約に縁起の良い日を選びたい場合、以下の日がおすすめです。

大安

六曜の中で最も吉とされる日です。一日中縁起が良いとされ、契約に最適な日とされています。多くの場合、大安を選んで契約を行うことが多いです。

友引

六曜の中で大安に次いで吉とされる日です。ただし、午前11時から午後1時の間は凶とされるため、この時間帯を避けて契約を行うことが望ましいです。

契約に適した日と避けるべき日

契約の日取りを決める際、縁起の良い日を選ぶことが重要です。六曜や暦注下段などの伝統的な選日には、吉日と凶日が存在します。適切な日を選ぶことで、良い結果につながる可能性が高まります。

先勝

六曜の中で大安や友引に続く吉日です。午前中が吉で午後は凶とされ、午前中のうちに契約などの重要な行事を行うと良いでしょう。なお、ここでの午前中は午後2時までを指します。

一粒万倍日

一粒万倍日は、一粒の種が万倍にも実るという意味を持つ、縁起の良い日です。特に金銭関係の取引に吉とされ、契約にも適しています。ただし、ローンや借金の契約は避けるべきとされています。

天赦日

暦上で最も吉とされる天赦日は、契約に最適な日と言えます。この日に契約を行うことで、良い運気を引き寄せることが期待できます。

契約を避けるべき凶日

一方、契約を避けるべき凶日も存在します。

仏滅

六曜の中で最も凶とされる日です。仏滅の日には、契約や重要な決断を避けるべきとされています。

受死日

受死日は、暦注下段の中で最悪の凶日とされています。「死」の字が含まれており、不吉な日とされるため、特に契約など重要な行事は避けた方が良いとされています。

これらの日に注意を払い、契約など重要な行事を行う際には、適切な日を選ぶことが望ましいでしょう。