育休中に上の子を保育園へ預けることがずるいと思われてしまうわけ | 楽しいことが一番大切

育休中に上の子を保育園へ預けることがずるいと思われてしまうわけ

スポンサーリンク


昔は、女性が結婚すると仕事を辞めて家庭に入り、子育てが当然とされていました。しかし、最近では結婚や出産後、子供の保育園が確保されると、職場に復帰する人々が増えています。

ただし、次の子供が妊娠発覚と同時に産前産後休暇を取り、母親が家にいることが多いです。ここでいくつかの問題が生じます。この記事では、その問題について詳しく説明します。

スポンサーリンク

育休中に保育園を利用することの是非

実は、自治体によって、次の子供の育休中に保育園を利用できない場合もあるため、「不公平だ」と感じる人々もいます。
このように、自治体によって状況が異なるのが実情です。したがって、「不公平だ」と感じる母親たちにも理解を示さなければなりません。

では、なぜ自治体ごとに対応が異なるのでしょうか。

育休中に上の子供を保育園に預けることが不公平なのか、Twitterで見かけた意見を以下に示します。

・友人が育休中でも上の子供を保育園に預けているが、不公平だとは思わない
・育休中に上の子供を保育園に預けている人、なかなか賛成
・「育休中が最高だ」と言われたこともある
・「保育園に預けているのは不公平」と言われ、つらかった

こうして、育休中に保育園を利用することに対する意見がさまざまに投稿されています。

これは多くの人々が直面している問題であることを示しています。では、なぜ育休中に上の子供を保育園に預けることが不公平と感じられるのでしょうか。

スポンサーリンク

育休中に上の子供を保育園に預けることへの反感の理由

自治体によって、育休中に上の子供を保育園に預けられない場合があるため、内閣府のウェブサイトには上の子供の保育園利用について次のように記載されています。

上の子供の保育園利用について

育休中に既に保育を受けている子供がおり、その保育が継続される必要がある場合。つまり、次の子供の育休中に上の子供を保育園に預けることは可能ですが、住んでいる自治体から「継続利用が必要である」と認められる必要があります。
ただし、自治体によっては、育休中に上の子供を保育園に預けることができない場合があるため、「不公平だ!」と感じることがあるようです。

保育園に入園する条件や、自治体ごとに対応が異なる理由などについて詳しく見ていきましょう。

保育園の入園条件

「育休中に保育園を利用するのは不公平か」という話に入る前に、保育園への入園条件について説明しましょう。
皆さん、保育園に入園する条件をご存知でしょうか?

雇用

フルタイムはもちろん、パートタイムや在宅勤務など、あらゆる雇用形態が対象です。
(雇用が理由の場合、必要な保育時間は以下の通りです。)
・「保育標準時間」- 最大11時間のフルタイム利用が可能
・「保育短時間」- 最大8時間のパートタイム利用が可能

妊娠・出産

妊娠中または出産予定月の前後2ヶ月以内であること

親の疾患や障害

親が病気、怪我、または身体や精神の障害を持つ場合

親族の介護または看護

家族が病気や障害を持ち、長期間介護が必要な場合

災害復旧

災害の復旧作業を行っている場合、地震などを含む

求職活動

仕事を探している段階にある場合(起業の準備も含む)

就学

学校教育法に基づいた学校に在学している場合(職業訓練校も含む)

育休中

育休中にすでに保育を受けている子供がおり、その保育が継続される必要がある場合。また、保育認定については、保護者の意向や自治体の実情に基づいて、次のように判断されます。
・次年度に小学校への進学が控えている場合など、子供の発達状況に注意が必要な場合
・保護者の健康状態や子供の発達状況が不利な場合

したがって、内閣府による保育の必要性の認定(保育認定)に基づいて、育休中でも保育園の利用は許可されています。

子育て支援の重要性(保育認定)

各自治体が実施する保育認定は、子育てに必要なサポートが必要な場合に受けることができます。
育休中でも上の子供を保育園に預けることは、自治体によって育児認定が与えられた場合に認められています。

このため、育児休暇中に上の子供を預けることは、適切な支援を受ける正当な方法です。

自治体による育児休暇中の保育園利用制限

育児休暇中に上の子供を保育園に預けることができるかどうかは、自治体によって異なります。
しかし、なぜ自治体ごとに対応が異なるのか、具体的な理由はわかりませんでした。

想像に過ぎませんが、以下の要因が自治体ごとの対応の違いに影響している可能性が考えられます。

・自治体による対応の理由
・保育園の待機児童の数
・保育園への希望者の数

ママ向けのスマートフォンアプリ「ママリ」でも、「育児休暇中に下の子供の世話をするにはどうしたらいいですか?」という質問がありました。その中で、「育児休暇中に上の子供の預け先を見つけるのは難しい。」という声も聞かれます。
「育休中に上の子供を保育園に預けるのは公平でない!」と感じられる理由

・一部の自治体では許可されている
・一部の自治体では不許可

自治体ごとに上の子供を預けることができるかどうかが異なるため、不公平と感じるのは理解できます。

働く母親にとって、保育園は非常に重要な施設です。保育園への入園を希望する全ての家庭が、利用できるようになることを願います。

まとめ

内閣府でも、育児休暇中に上の子供を保育園に預けることは許可されています。したがって、不公平な行為ではありません。
ただし、自治体によって、下の子供の育児休暇中に上の子供を預けることが許可される場合と許可されない場合があります。

そのため、「育児休暇中であっても保育園の利用ができるのは不公平だ…。」と感じる人々もいるでしょう。

ただし、働く母親にとって、保育園は極めて重要な施設であり、育休中に十分な休息を取ることも大切です。育児休暇中でも保育園を利用したいすべての家庭が、入園できる状況が整うことを望みます。