スポンサーリンク

蕁麻疹の改善に役立つ食べ物や飲み物おすすめ20選!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

蕁麻疹に対する栄養と食品

蕁麻疹は皮膚に急激なかゆみをもたらす症状で、紅斑(赤みを帯びた湿疹)がさまざまな形で現れることがあります。これらの症状は通常、数分から数時間で消えてしまい、跡を残さないため、多くの人は一過性のものとして気に留めないことがあります。ただし、蕁麻疹が慢性的に再発する場合もあります。
蕁麻疹の原因を特定するのは難しいとされていますが、原因物質を避けたり、体質を改善することで発症を予防できるかもしれません。体質改善には食事療法が役立つことがあり、蕁麻疹に対して有益とされる栄養素や食品が存在します。

今回は、蕁麻疹に効果的とされる栄養素と、これらの栄養素を含む食品についてご紹介します。

スポンサーリンク

蕁麻疹に効果のある食品・食材 トップ15

蕁麻疹への対策として、腸内フローラのバランスを整える食品を重視しましょう。以下は、そのためのおすすめ食品です。

プロバイオティクスヨーグルト

腸内環境を整える際に欠かせないのが、多様な乳酸菌を含むプロバイオティクスヨーグルトです。市販されている種類が豊富なので、自分の体質に合ったものを選ぶと良いでしょう。

発酵大豆製品:納豆

大豆を発酵させた納豆には、腸内環境を整える乳酸菌が含まれています。また、納豆に豊富な食物繊維は腸の健康にも役立ちます。

発酵野菜:キムチ

韓国料理の定番、キムチには植物性の乳酸菌が豊富です。これらの乳酸菌は生きたまま腸に届きやすい特徴があり、発酵食品として高い評価を得ています。

発酵調味料:味噌

味噌は大豆を発酵させて作られ、ヨーグルト以上の乳酸菌量を誇ります。毎日の味噌汁で手軽に乳酸菌を摂取できます。

伝統漬物:ぬか漬け

乳酸菌を含むぬか漬けは、手軽に摂取できる発酵食品です。ただし、塩分の摂り過ぎには注意しましょう。

海藻:わかめ

わかめは水溶性の食物繊維が豊富で、腸内環境の調整に効果的です。

こんにゃく

こんにゃくには、グルコマンナンという水溶性食物繊維が多いですが、製造過程で不溶性に変化することもあります。適量を心がけることが大切です。不溶性食物繊維の過剰摂取は便秘のリスクを高めるため、バランスよく摂るようにしましょう。

食材の健康効果

ごぼう

ごぼうには、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が含まれています。これは腸内環境を調整するのに非常に役立つ食品です。ただし、水溶性食物繊維の不足が日本の女性にとって便秘の原因となることが多いため、こんにゃくと同様に摂りすぎには注意が必要です。

たまねぎ

たまねぎには、水溶性食物繊維とオリゴ糖が豊富に含まれています。これらの成分は善玉菌のエサとして機能し、腸内の健康をサポートします。

小豆

小豆は昔から、含まれるサポニンや食物繊維の働きによって解毒やむくみの緩和に効果があるとされています。ただし、小豆を餡などで食べるのではなく、茹でた煮汁を飲むことが効果的とされています。

バナナ

バナナには、食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれており、腸の調子を整える効果があるとされています。

りんご

りんごには、水溶性食物繊維であるペクチンやポリフェノールが含まれており、腸内環境を整えるのに役立つと言われています。

青魚

いわし、サバ、さんまなどの青魚には、オメガ3脂肪酸であるEPAやDHAが豊富に含まれています。

えごま油

えごま油には、オメガ3脂肪酸の一つであるα-リノレン酸が含まれています。この成分は体内でEPAやDHAに変換され、善玉コレステロールを増やす効果があり、善玉菌を増やして腸内環境を整えると言われています。

レモン

レモンに含まれる水溶性食物繊維のペクチンは、腸内で便を柔らかくして排便をサポートする効果があると言われています。レモンをそのまま食べるのが難しい場合は、レモン汁を水に加えて飲むこともできます。