麦茶とほうじ茶で体にいいのはどちらか、お茶の効果効能とデメリットについて | 楽しいことが一番大切

麦茶とほうじ茶で体にいいのはどちらか、お茶の効果効能とデメリットについて

スポンサーリンク


ほうじ茶と麦茶は、見た目が茶色でありながら、実際には異なる効能を持っています。多くの方が、この二つの違いやどちらがより体に良いのか疑問に感じるかと思います。

簡単に言うと、ほうじ茶と麦茶は異なる原料から作られており、それぞれ特有の効果をもたらします。具体的には、ほうじ茶はダイエットに役立つ作用があるのに対し、麦茶は熱中症予防に有効です。

さらに、両者にはリラックスや老化防止、血流改善など共通の利点もあります。ただし、摂取量には注意が必要で、過剰な飲用は健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

スポンサーリンク

ほうじ茶と麦茶:それぞれの健康効果を比較

・ほうじ茶:糖や脂質の吸収を抑制し、ダイエットに効果的。
・麦茶:体温を下げる作用があり、熱中症予防に適しています。

さらに、両者にはリラクゼーション、老化予防、血行促進などの共通の効果も期待できます。

スポンサーリンク

ほうじ茶の主な健康効果と成分について

ほうじ茶は、以下のような健康効果が期待されます。

・リラックス効果
・血流促進
・更年期障害の緩和
・免疫機能向上
・肌のトラブル解消
・ダイエット効果

これらの効果の背景には、茶に含まれる成分の効果が大きく寄与しています。

テアニンについて

テアニンは、茶葉の甘みと旨味の源として知られ、リラクゼーションやストレス解消、血流改善などの効果があります。女性に特に有益な成分としても知られています。

ピラジンの役割

焙じた茶葉から生まれるピラジンには、心の安定や肌トラブルの改善、血行促進などの利点があります。特に、月経不順の改善にも効果的です。

カテキンの効果

カテキンは茶葉の抗酸化成分で、脂質や糖質の吸収抑制、口臭予防、食中毒予防などの健康効果が期待されます。

結論として、ほうじ茶は特にダイエットや口臭予防に、その効果が認められます。

ビタミンCの効果

ビタミンCは、コラーゲン生成や鉄分の取り込みを助けています。この働きにより、

・美肌効果
・ストレス軽減

が期待できます。

ビタミンEの特性

ビタミンEには、細胞の活性化や抗酸化の役割があります。これによって、

・がんや加齢の防止
・血液循環の促進
・ホルモンのバランス調整
・動脈硬化や心筋梗塞のリスク軽減

が期待されます。

クロロフィルの特徴

クロロフィルは、緑色を与える成分です。このクロロフィルがもたらす効果には、

・血液の流れの促進
・生活習慣病の予防
・体臭や口臭の緩和

があります。

その他に、ほうじ茶は熱中症の予防に効果的とされています。

麦茶の利点とその成分

麦茶には、以下のような効果が期待されます。

・加齢抑制
・血液循環の改善
・冷えの改善
・むくみの予防
・熱中症予防
・血糖値調整

さらに、麦茶の主要な成分とその効果について詳しく解説します。

カテコールとゲンチシン酸

麦茶に含まれるカテコールとゲンチシン酸は、女性にとって有益な抗酸化成分です。これにより、

・加齢の防止
・生活習慣病の予防

が期待されます。

毎日の麦茶摂取で、健康維持に寄与します。

ピラジンの役割

ピラジンは、香り成分として麦茶に含まれるものです。その香りがもたらす効果には、

・血行促進
・疲労回復
・冷え性改善
・血糖値の調整

があります。

カリウムの働き

麦茶には、体の塩分バランスを整えるカリウムが含まれています。これにより、

・むくみの軽減
・熱中症予防
・高血圧リスク軽減

が期待されます。

GABA(ギャバ)の機能

ギャバは、心身の興奮を抑える効果があります。これによって、

・血圧低下
・リラクゼーション
・コレステロールや脂質の調整
・腎機能向上
・血糖値の調整

が期待されます。

さらに、麦茶は虫歯予防や胃粘膜保護にも役立ちます。カフェインがないので、年齢問わず安心して飲める茶です。

ほうじ茶の過度な摂取と適切な量について

ほうじ茶も過度に摂取すると、体への影響が出る可能性があります。ここで、その過剰摂取のリスクと推奨摂取量について考察します。

ほうじ茶のデメリット①胃への影響

ほうじ茶にはカフェインが含まれているため、胃の酸の分泌を促進します。この結果、

・胃痛
・胃もたれ

が生じる可能性があります。

ほうじ茶のデメリット②発がん性物質が含まれていること

ほうじ茶にはわずかですが、発がん性の成分が混入しているという事実があります。この成分は、揚げ物のような高温調理食品にも見られます。

焙じる過程でこの成分が生じると言われ、緑茶や紅茶よりもほうじ茶にはこれが多く含まれるとされています。従って、過度な摂取はがんリスクを高める恐れがあるので注意が必要です。

ほうじ茶のデメリット③貧血のリスク

ほうじ茶にはタンニンという苦み成分があり、これが鉄の取り込みを邪魔する作用があるのです。

したがって、ほうじ茶を多く摂取すると、鉄分不足による貧血のリスクが上がる可能性が考えられます。貧血に傾向のある方は、摂取量に注意が必要です。

ほうじ茶の日常摂取量の推奨は1L

ほうじ茶を健康的に楽しむためには、1日の摂取量を1Lまでとするのが適切です。特に、食事後や就寝前に摂取することで、リラックス効果も期待できます。

麦茶の過剰摂取と適量の推奨

暑い季節には冷たい麦茶が爽快ですが、過度な摂取は健康に悪影響を与えることがあります。

麦茶の過剰摂取による健康上のデメリットや、1日の推奨摂取量について解説します。

麦茶のデメリット①体温低下のリスク

麦茶には体を冷やす効果があるため、多く飲むと体温が下がり、冷え性の原因となる可能性が考えられます。

麦茶のデメリット②むくみの誘因

麦茶はむくみを防ぐ効果があるものの、摂取過多で体が冷えると血流が悪くなり、逆にむくみの原因となることがあります。

麦茶のデメリット③消化器官への影響

冷たい麦茶を過度に摂取すると、体の冷却作用により胃腸に負担をかける可能性があります。これが消化不良や腹痛の原因になることも。

麦茶の日常摂取量の推奨は1.5L

麦茶の適切な1日の摂取量は1.5Lまでとされています。一度に多く摂取するのではなく、少しずつ、そしてあまり冷たくしすぎずに飲むのが良いでしょう。

まとめ

今回は、ほうじ茶と麦茶についてのポイントをまとめてみました。

・ほうじ茶はダイエットを目指す方に
・麦茶は熱中症予防に効果的
・ほうじ茶の1日摂取目安は1L
・麦茶の1日摂取目安は1.5L

ほうじ茶と麦茶、それぞれの特性を考慮して、自分に合った飲み方を選びましょう。