スポンサーリンク

ミソハギを庭に植えてはいけないという理由について、盆花だから?

スポンサーリンク


ミソハギはその愛らしい花姿にもかかわらず、私たちの庭には推奨されない場合があります。その背後には特定の理由が存在すると言われています。

以下では、ミソハギを自宅の庭に植えるべきでない根拠、それでも植えることを選ぶ人々、そしてその際の留意点についてお話しします。

スポンサーリンク

庭にミソハギを植えるべきでない3つの理由

ミソハギを庭に植えることが避けられるべきである主な3つの理由があります。

伝統的にお供え物とされるため

ミソハギは伝統的に盆花として位置づけられています。「盆」とは、先祖の霊をお迎えするための日本の重要な行事であり、ミソハギは特にこの時期に仏壇や墓場に捧げる花として広く用いられます。

この文化的な側面から、ミソハギを日常的な空間である庭に植える習慣は控えられているのです。お供え物としての象徴的な意味をもつミソハギを家庭の庭に植えることは、先祖への敬意を損なう恐れがあると見なされています。

ミソハギがお盆に捧げられる由来

お盆にミソハギが用いられる背景には、「餓鬼」という存在があります。餓鬼は、水や食糧を求めて彷徨する霊とされ、この時期に供養を受けることで救われるという信念があります。

しかしながら、餓鬼は物を飲み込むことが難しい存在とされています。食べ物を口にしても満たされないため、渇きを和らげる力があると伝えられるミソハギが彼らを慰めるために捧げられるようになりました。

※餓鬼とは、仏教において前世の行いによって生まれ変わった存在で、絶えず不満や欲望に駆られる状態にあると説明されています。

ミソハギの「禊萩」という字の由来

「禊萩」という文字で表されるミソハギは、「禊」という字に由来を持ちます。「禊」とは、身を清め、不浄を払うために行われる儀式で、身を水に浸すことで精神と体を洗い清めます。ミソハギがこの禊の行事に用いられたことから、その名を得たとされています。

ミソハギの「盆花」と「精霊花」の呼び名の理由

ミソハギに「盆花」という名がつけられています。これは、特にお盆の時期に墓地や家の仏壇にお供えする花として親しまれているからです。

お盆には、先祖の霊が戻ってくるとの信仰があり、その時期にはさまざまなお供えが行われます。ミソハギは、心の支えとなる花として、この時期には特に重要な役割を果たしています。さらに、この花には「精霊花」という名もあります。

これはお盆期間中、家庭内に設けられる精霊棚にも飾られることから名付けられました。精霊棚は、先祖の霊が一時的に宿るとされる場所で、彼らが食べることができるよう食べ物や飲み物を供えます。ミソハギはそのような場でしばしば見かけられる花として知られています。

スポンサーリンク

花の寓意が哀愁を帯びているため

ミソハギの花に込められた寓意は

・切ない愛
・無垢な愛情
・哀愁
・同情

の四種が知られています。これらはミソハギが故人を偲ぶ際に用いられることが一般的であることに由来します。特に仏教の供養行事において頻繁に見られ、故人への追悼のシンボルとしての認識が定着しています。

その結果、ミソハギを庭に植える行為は、その寓意から「悲しみ」や「哀愁」といった感情を想起させる可能性があります。さらに、同情の情を込めた花であるため、その場所が悲しみに満ちた空間となるとも言われています。

このような理由で、ミソハギの花を庭に植えることは敬遠されがちです。

「世界の侵略的外来種ワースト100」に選出されたため

エゾミソハギはミソハギの一種で、日本のみならずヨーロッパや北アフリカでも自生しています。この種が北米やニュージーランドに持ち込まれると、爆発的な繁殖を遂げ、「世界の侵略的外来種ワースト100」に名を連ねるに至りました。

この状況が一人歩きし、日本においても「庭に植えるべきではない植物」との誤解が広がっています。しかし、上述した通り日本の自生種であるため、日本国内での栽培は特に問題はなく、実際には日本では野生のエゾミソハギが減少し、絶滅が危惧されている状況にあるのです。

ミソハギの植栽を考え直すべき人々

前述の説明から分かるように、ミソハギを庭に植えること自体に害はありませんが、次のような方々は植栽を見送った方が良いでしょう。

運気を重視する方々

ミソハギは日本古来の風習や信仰と深い繋がりがあり、縁起物としての意味合いも持ち合わせています。運気を重んじる方にとって、庭への植栽は不吉な象徴を招く行為と見なされがちです。

また、ミソハギは墓地や祭壇で奉納されることが一般的であり、このような場所と同じ植物を庭に迎え入れるのは不適切とされることがあります。このため、運気や宗教的な側面に敏感な方は、ミソハギの庭への植栽を控えることが賢明です。

花言葉を大切にする方々

ミソハギの花言葉が「愛の悲しみ」「純粋な愛情」「哀悼」「同情」とされているため、これに敏感な方は心穏やかでないかもしれません。特に、自宅や家族の幸福を願って植物を育てたいと考える方にとって、ミソハギが持つ悲しい花言葉は適していないと感じるでしょう。

そのような方はミソハギを避け、他のポジティブな花言葉を持つ植物を選ばれるとよいでしょう。ただし、花言葉は一つの解釈に過ぎず、文化や個人の解釈によって変わることもある点を覚えておくと良いでしょう。

ミソハギの庭植えにおける留意点

ミソハギを庭に植える際には、いくつかの留意点があります。

日照条件

ミソハギは太陽を愛する植物であり、その成長には十分な日光が必要です。植える場所は、日の光がたっぷりと当たる場所を選びましょう。

水分管理

また、ミソハギは水辺の環境を好むため、水分供給が重要です。水やりは、土壌の乾燥を感じたらたっぷりと行い、特に鉢植えの場合は念入りに水分を管理しましょう。

肥料の施用

肥料に関しては、成長期に月1回の緩効性肥料で十分です。また、病気や害虫への警戒も忘れずに、発見次第迅速に対処しましょう。

さらに、ミソハギは意図しない場所にも広がりやすいため、予期せぬ箇所への生育には抜き取りや適宜の移植を行うことが大切です。

まとめ

ミソハギを庭に植えるべきでないとされる理由は多岐に渡りますが、そのほとんどは迷信や誤解から生じていることが多いです。

運命や迷信を気にしない方は、気にせず植えても問題ありません。ガーデニングは個人の好みが優先されるべきですから、ミソハギを好むならば自由に栽培を楽しむことをお勧めします。