スポンサーリンク

ツルニチニチソウを庭に植えてはいけない理由とは?それは恐ろしい繁殖力と毒のため

スポンサーリンク


しばしば「ツルニチニチソウの植栽は後悔する」という話を耳にしますが、実際には適切な手入れで問題なく育てることができます。青みがかった独特な花をつけるこの植物は、裸地や木の根周りによく植えられるグラウンドカバーです。

一方で、その繁殖力に関する負の側面を指摘する声も少なくありません。以下、その理由を詳細に検証してみましょう。

スポンサーリンク

植えるべきではないとされるツルニチニチソウの3つの特性

ツルニチニチソウが推奨されないことがあるのは、主に以下の三点に起因しています。

・強い繁殖力による急速な増加
・除去作業の困難さ
・含まれる有毒成分(アルカロイド)

これらについて、さらに掘り下げてみましょう。

強い繁殖力による急速な増加

ツルニチニチソウの栽培に後悔する人の多くが挙げるのは、その強靭な繁殖力です。わずかな苗から始めても、数年内には庭を席巻してしまう可能性があります。

この植物は中心部から伸びる多数の茎を通じて、新たな根を節ごとに生やし、それらが定着することで新たな植物が誕生します。このサイクルにより、ツルニチニチソウは急速に繁殖していくのです。

種からの繁殖も多くの植物で見られますが、ツルニチニチソウの場合は特に増殖スピードが早いと評されます。

環境影響を考慮した植物選び

意外にも、ツルニチニチソウは環境保全の観点から注目されている植物の一つです。具体的には、この植物は環境への影響が懸念される「外来種」に指定されており、日本の自然にとって潜在的なリスクを持つとされています。このような事実を知ると、自宅の庭にこの植物を導入することに対し、二の足を踏む方もいるかもしれません。

しかし、この植物は全面的に栽培が禁止されているわけではなく、ホームセンターなどで手に入れることが可能です。個人の庭での適切な管理のもとでは特に問題はないとされています。

根絶の難しさ

ツルニチニチソウを一度庭に植えると、表面的な除草だけでは根本的な解決にはならないのです。地中深く残る根から再び新芽が出るため、効果的な根絶には以下のような手法が求められます。

・徹底した除草剤の使用
・根の完全な除去を目指した深い掘り返し

これらの手間が必要となることから、「植えてはいけない」と忠告する声も存在します。

ツルニチニチソウは一度定着すると、自然に枯れることはほとんど期待できない強靭な多年生植物です。さらに、以下の性質を持っているため、手をかけずとも生存し続けることができます。

・強い耐寒性
・高い耐陰性
・優れた耐乾性

こうした特性があるため、厳しい環境下でも生き残り、手間をかけずに管理できるという利点がありますが、その反面で制御が難しいという側面もあるのです。

アルカロイド含有による潜在的リスク

アルカロイドを含むツルニチニチソウについては、その有毒成分が懸念材料となり得ます。一般に「毒」という単語は恐怖心を喚起しますし、特に小さな子供やペットをお持ちのご家庭では、この植物を避けた方が安心だと感じる方も多いでしょう。

しかしながら、ツルニチニチソウに含まれるアルカロイドの量はごくわずかで、大量に摂取しなければ健康への影響は軽微です。たとえ子供やペットが少量を口にしても、深刻な問題には至らないとされています。

スポンサーリンク

ツルニチニチソウの植栽が好まれる理由

ツルニチニチソウに対する否定的な見解が存在しながらも、その植物が多くの人々に選ばれ続けているのは、明確な理由があります。栽培を決める人々は、負の情報を知りつつも以下の魅力的な特徴に惹かれています。

・肯定的な花言葉の影響
・歴史的背景と伝統

肯定的な花言葉の影響

ツルニチニチソウの花言葉にはこんな意味が込められています。

・愉快な記憶
・温かな懐古
・永遠の友情
・始まりの恋

これらの言葉は全て前向きなイメージを伝えます。特に「愉快な記憶」という言葉は、著名な思想家ジャン・ジャック・ルソーに関連づけられています。

美しい花を持つツルニチニチソウは、これらの肯定的な花言葉とともに、人々のガーデニングにおける選択肢となり、植える際の意欲を高める要因となっているのです。

ヨーロッパ古来の伝承に基づく

ヨーロッパの古い伝承によれば、ツルニチニチソウを身に帯びることは邪悪を払い、繁栄や幸運を引き寄せる力があるとされていました。

常緑性を持つこの植物は、ヨーロッパの過酷な冬をも凌ぐ生命力を有しており、その生命力の強さから「不朽」や「魔術的な力」を秘めていると考えられるほどでした。

同様に厳しい日本の冬景色においても、色あせることなく緑を保つツルニチニチソウは、冬の庭に活気を与えるとして栽培の一理由となっています。

ツルニチニチソウの安全な庭での育成法

ツルニチニチソウの植栽を希望するにあたり、庭での安全な育成法は以下の通りです。

・頻繁な剪定で管理する
・鉢植えにして育成する
・剪定作業の際には保護手袋を着用し、作業後に手洗いを徹底する

もし、広がりを抑えるグラウンドカバーとしてツルニチニチソウを直接地面に植える場合は、定期的な剪定を心がけてください。

この植物はツルを地面に這わせながら新しい根を生やしていきますので、伸びたツルをこまめに刈り取ることで広がりを制御できます。剪定したツルは新たに根を張る可能性があるため、適切に廃棄しましょう。

明確に区分したスペースや容器での栽培

ツルニチニチソウを抑制することができれば、問題を引き起こす植物にはなりません。

・限られた範囲に石などで囲んで植え込む
・鉢やプランターを使用して管理する

このように人の手で成長範囲を制限することで、その繁殖力を恐れずに安全に栽培することが可能です。

剪定の際の保護対策

アルカロイドというツルニチニチソウの有毒成分は、一般的には肌に触れても大きな問題はありませんが、皮膚の敏感な人や手が荒れやすい人は注意が必要です。剪定作業の際は保護手袋の着用を推奨します。

触れた後は、安心のために石鹸でしっかりと手洗いをすることが望ましいです。

まとめ

ツルニチニチソウの植栽を避ける理由としては、その旺盛な繁殖性、除草の難しさ、有毒性が挙げられます。

それにもかかわらず、肯定的な花言葉やヨーロッパの幸運の植物としての歴史があるため、情報を理解した上で選ぶ人が多いのです。適正な管理方法に従えば、この植物は魅力的なものになりうるので、挑戦してみる価値はあります。