スポンサーリンク

玄米フレークが体に悪いと言われる5つの理由と効果的な食べ方について

スポンサーリンク


玄米フレークが体に悪いとされる理由について調査したところ、いくつかの誤解があることがわかりました。玄米フレークは玄米の栄養素を多く含んでいますが、その一方で、栄養バランスの偏りや体に有害とされる成分に関する懸念もあります。ここでは、これらの懸念について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

玄米フレークの潜在的な健康リスクについて

玄米フレークに含まれるフィチン酸の影響

玄米に含まれるフィチン酸は、体内のミネラルを結合して排出することがあります。これにより、体内のミネラルバランスが崩れる可能性が指摘されています。ただし、最新の研究では、フィチン酸が体内のミネラルを不足させることはないとされています。バランスの良い食生活を心がけていれば、特に問題はありません。

アブシジン酸の影響と対策

玄米に含まれるアブシジン酸は、ミトコンドリアに悪影響を与えることがあります。しかし、玄米フレークでこの成分が害を及ぼす量が含まれているかは不明です。ミトコンドリアの機能を維持するためには、適度な運動やストレス管理、バランスの取れた食事が重要です。

玄米フレークの添加物に関する注意点

玄米フレークには、味を良くするために添加物が含まれていることがあります。これらの添加物は、過剰に摂取すると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。製品の成分表示を確認し、自然な原材料から作られた製品を選ぶことが望ましいでしょう。

結論として、玄米フレークが体に悪いと一概に言えるわけではありませんが、摂取する際には上記の点に留意し、バランスの取れた食事を心がけることが大切です。
★こちらの文書を、元の文章が分からないようにリライトして下さい。

スポンサーリンク

タグの部分は変更しないでください。

理由③玄米のぬか層にある残留農薬

玄米の栄養素はぬか層に多く含まれていますが、その部分に農薬も染み込んで残っています。お米を長時間水に浸すことによって残留農薬を減らすことができるそうなのですが、玄米フレークのように加工されたものを自宅でなんとかすることはできません。

厚生労働省の見解からも、食品の残留農薬については、農薬が残留する食品を長期間にわたり摂取した場合や、農薬が高濃度に残留する食品を短期間に大量に摂取した場合であっても、人の健康を損なうおそれがないことを確認しています。

つまり、農薬を定められた使用方法で使用しているかぎり、心配するほどではないということですね。

理由④ヒ素が多く入っている⁈

ヒ素は自然環境の中に広く存在しており、日本国内の土壌や水中にも含まれています。そのため、お米をはじめとする多くの食品には微量のヒ素が含まれていて、私たちは食品や飲料水を通じて毎日ヒ素を摂取しているのです。特に、海産物やコメからの摂取が多いということです。

けれど通常の食生活において、ヒ素が体内に入ることで健康に悪影響が生じたことをはっきりと示す国内のデータは現在のところないそうです。

農林水産省の話では、日本において、食品を通じて摂取したヒ素による明らかな健康影響は認められておらず、ヒ素について食品からの摂取の現状に問題があるとは考えていないとあり、バランスの良い食生活を心がけていれば、玄米やぬか漬けを食べたとしても、ヒ素を摂取することによる健康への問題はないということです。

理由⑤シリアル(フレーク)には砂糖と添加物が多く入っている

加工食品では添加物の入っていない食品の方が少ないでしょう。玄米フレークの材料表示をみても酸化防止剤や乳化剤、その他栄養強化として化学合成物質、つまり添加物が色々入っていることがわかります。

また、商品の原材料の記載は量の多い順に書かれているそうですが、例えばケロッグ玄米フレークは、その記載順序から砂糖は3番目に多く入っている食品ということになります。

ですが、思った以上に糖分や添加物を摂りすぎたり、野菜不足になって生活習慣病につながったりする可能性があります。

玄米フレークの健康効果とその利点

玄米フレークには様々な健康効果があります。ここでは、その主なメリットを3つ探ります。

玄米の栄養を手軽に摂取

玄米は、ビタミンB群、ビタミンE、鉄分、マグネシウム、食物繊維などの栄養が豊富に含まれています。これらの栄養素は代謝を促進し、健康維持に寄与します。玄米フレークはこれらの栄養を簡単に摂取できる点が大きなメリットです。

低GI食品としての利点

玄米は低GI食品であり、血糖値の急激な上昇を抑えます。これにより、体に余計な脂肪が蓄積されるのを防ぎ、また、空腹感を感じにくくなります。ただし、糖分が多いシリアルは血糖値の急上昇を招くため注意が必要です。

セカンドミール効果

セカンドミール効果とは、一日の最初の食事が血糖値の上昇を抑制し、次の食事の血糖値も抑える効果を指します。朝食に玄米フレークを取り入れることで、日中の食事においても血糖値の上昇を抑えることができます。

玄米フレークの効果的な摂り方

玄米フレークを効果的に摂る方法について解説します。

バランスの良い栄養摂取を心がける

玄米フレークを摂る際には、ミネラル豊富な食品と組み合わせることが大切です。例えば、小魚や乳製品、緑黄色野菜などのミネラルを多く含む食品を一緒に摂取することで、栄養のバランスを整えます。

有機JASマーク付き玄米フレークの選択

糖分や添加物が気になる方は、有機JASマーク付きの玄米フレークを選ぶことをおすすめします。これらは添加物を含まず、健康に対する不安を軽減します。

ミトコンドリアへの配慮

玄米フレークに含まれるアブシジン酸がミトコンドリアに悪影響を及ぼす可能性があるため、以下の方法でミトコンドリアの健康を保ちましょう。

適度な運動でミトコンドリアを増やす

適度な運動を行うことで、体はミトコンドリアを増やすよう指令を出します。これによりエネルギー効率が向上し、健康維持に寄与します。

カロリー制限によるミ

トコンドリア増加

カロリー制限もミトコンドリアの増加を促します。週末にプチ断食を行うなど、適度なカロリー制限を行うことで、エネルギー代謝が活発になります。

まとめ

玄米フレークは多くの栄養を手軽に摂れる一方で、フィチン酸やアブシジン酸の影響を考慮する必要があります。そのため、玄米フレークの摂取は栄養のバランスを考慮し、ミトコンドリアの健康を保つ方法を取り入れることが重要です。