せんべいは体に悪いのか?気をつけたい危険性やデメリットについて | 楽しいことが一番大切

せんべいは体に悪いのか?気をつけたい危険性やデメリットについて

スポンサーリンク


せんべいは、米を主原料としているため、スナック菓子よりも健康に良いと考えがちです。しかし、実際にはせんべいにも体に影響を与える食品添加物が含まれていることがあります。

せんべいの健康への潜在的リスクを理解するため、ここではいくつかの主要な食品添加物を取り上げ、それらの潜在的な危険性について考察します。

スポンサーリンク

せんべいに含まれる代表的な食品添加物とその影響

せんべいに添加される食品添加物には、主に以下のようなものが含まれます。

アミノ酸(味付け用)

一般的に「アミノ酸」と言えば、体に必要な栄養素を連想しますが、ここでのアミノ酸は主に「うま味成分」としての役割を持っています。これらはグルタミン酸ナトリウムなどの形で添加され、食品の味を強化します。しかし、過剰摂取は味覚障害や依存性、頭痛などの健康リスクを引き起こす可能性があります。

せんべいを含む多くの加工食品にはこのような添加物が含まれているため、消費者はその摂取量に注意する必要があります。食品のラベルを確認し、食品添加物の種類と量を意識することが重要です。

以上の点を踏まえると、せんべいを含めた加工食品を摂取する際には、成分表示を注意深く確認し、摂取量を適切に管理することが健康を維持するうえでの鍵となります。

改質デンプン

改質デンプンは、増粘剤や安定剤として食品に使用される加工されたでんぷんです。このでんぷんは天然のものに化学物質を加えて変性させたもので、食品に特定のテクスチャーを加えるために利用されます。

特に、「もちもち感」や「粘り気」を出すために使われることが多く、せんべいだけでなく、多くの加工食品に含まれています。

改質デンプンには種類が多くありますが、中でも注意が必要なのが「ヒドロキシプロピルデンプン」と「ヒドロキシプロピル化リン酸架橋デンプン」です。これらは健康へのリスクが指摘されており、特にヨーロッパでは幼児用食品への使用が制限されています。

日本ではこれらの加工デンプンが「改質デンプン」と一括りにされて表示されるため、どの種類が使用されているのかを判断するのは難しいです。特に妊婦や小さな子どもを持つ親御さんは注意して選ぶと良いでしょう。

加水分解たんぱく

加水分解たんぱくは、調味料として食品に香りや味わいを加える成分ですが、食品添加物とは異なり、「食品」として分類されます。原料を加水分解する際に使われる酵素の主成分が微生物であり、それに含まれる不純物がアレルギー反応を引き起こす可能性があるとされています。

加えて、この成分の表示方法には特に規定がなく、各企業が独自に行っているため、消費者としては真の安全性を確認するのが難しい状況です。

以上から、せんべい自体が健康に害を及ぼすわけではありませんが、含まれる食品添加物の安全性が懸念されることがあります。なお、市販されているせんべいの多くには何らかの添加物が含まれていることが分かりますが、幼児向けのせんべいでは食品添加物の使用が避けられていることが多いです。