おしりふきと手口ふきの違いについて、どちらかで代用は可能なのか? | 楽しいことが一番大切

おしりふきと手口ふきの違いについて、どちらかで代用は可能なのか?

スポンサーリンク


親として、赤ちゃんに使う製品の安全性は重要な懸念事項です。そこで、手口ふきとおしりふきの成分を比較し、どちらも同様に安心して使用できるかを検証しました。以下は、いくつかのメーカーの製品成分を比較した結果です。

スポンサーリンク

手口ふきとおしりふきの成分の違いと共通点

手口ふきとおしりふきの成分の比較

いくつかのブランドの製品を調査した結果、以下のような成分が含まれていることがわかりました。

あるメーカーの手口ふき

– 水、BG、ベンザルコニウムクロリド、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、チャ葉エキスなど

別のメーカーの手口ふき

– 水、BG、ベンザルコニウムクロリド、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、チャ葉エキス、キイチゴエキスなど

あるメーカーのおしりふき

– 水、PG、モモノ葉エキス、ソメイヨシノ葉エキス、BG、乳酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、セチルビリジニウムクロリドなど

別のメーカーのおしりふき

– 水、BG、ミネラルオイル、ホホバ種子油、炭酸ジカプリリル、セテアレス‐20、PEG-40水添ヒマシ油、オレイン酸グリセリルなど

共通点と考察

– どちらの製品も主要成分として水を使用しており、赤ちゃんの敏感な肌に配慮した製品設計となっています。
– 乳幼児向けの製品であるため、肌への優しさが強調されており、刺激の少ない成分を使用しています。
– 成分表記に専門知識がないと理解しにくい化学成分が含まれていますが、製品は安全基準に基づいて製造されているため、基本的には安心して使用できます。

結論

赤ちゃんに使用する製品の選択において、手口ふきとおしりふきは成分的に大きな違いはなく、どちらも安心して使用できることがわかりました。ただし、製品選びには常に慎重になることが重要です。また、メーカーや製品によって成分が異なることがあるため、製品選びの際には成分表を確認することをお勧めします。
★こちらの文書を、元の文章が分からないようにリライトして下さい。

スポンサーリンク

タグの部分は変更しないでください。

赤ちゃん本舗のおしりふき

赤ちゃん本舗はHPでこのように答えています。

おしりふきと手口まわりウェットティッシュに含まれている成分の違いはなく、おしりふきには不織布を、手口まわりウェットティッシュにはガーゼメッシュ状の特殊シートを採用しており、用途に合わせて拭き取りやすいシートを選んでいます。
<引用>赤ちゃん本舗HP 子育てグッズのQ&A

なので、違いは成分ではなく、シートの肌触りのようです。

ムーニーのおしりふき

ムーニーも成分をみると全く同じで、おしりふきのほうが、シートが柔らかいのが特徴でした。おしりふきに「手や体にも使えます」という記載もありました。

この2つのメーカーのものであれば、どちらも成分が同じで違いはシートの肌触りということがわかりました!

おしりふきのほうが成分が多いので注意

赤ちゃん本舗とムーニーに関しては、成分が全く同じでしたが、おしりふきのほうが、メーカーによっては多くの成分が使われています。香料なども使われいる場合もあります。理由としては、「保湿」、「口にいれない前提」ということです。