スポンサーリンク

ブルーベリーを自宅の庭に植えてはいけないという3つの理由とは?

スポンサーリンク


庭にブルーベリーを植えるのは控えたほうが良い、というのは古くからある信念に基づいています。それは「果物をつける木は庭に植えるべきではない」というものです。

ブルーベリーは生で食べると少し酸味があるものの、加工すると非常に美味しい果物です。その可愛らしい外観もあり、多くの人が西洋風の庭に植えたいと思うかもしれません。しかし、特に年配の方々からは、庭に果実をつける木を植えるべきではないとの助言があるでしょう。

それには何か理由があるのでしょうか。

スポンサーリンク

庭にブルーベリーを植えるべきでない理由

ブルーベリーの他にも果樹は庭に植えるべきでないとされています。これには次のような理由があると言われています。

・野生動物を引き寄せる
・実が落ちることから不吉な連想がある
・他の果樹に影響を与える可能性がある

野生動物を引き寄せる

庭にブルーベリーを植えると、その甘い果実が鳥や虫などの野生動物を引き寄せます。特に、実が熟す時期には、さまざまな動物が集まってくるでしょう。

これにより、庭が鳥や虫で賑わうようになり、それに伴い騒音や動物の排泄物が増える可能性があります。また、自宅が自然に囲まれた場所にある場合、他の野生動物が庭に現れるきっかけにもなりかねません。

不吉な連想がある

ブルーベリーの果実が落ちることには、ある種の迷信があり、それが「不吉な出来事」と結びつけられることがあります。これは、古い歴史や信仰に基づいている部分もあり、特定の文化では果実が落ちることを「悪運」と見ることもあるようです。

科学的な観点からは、果実が落ちるのは自然な生育過程の一部です。しかし、歴史や伝統が影響して、いくつかの果樹には様々な信念が存在するのです。

他の果樹に対する影響

日本の伝統においては、いくつかの果樹は庭に植えるのが縁起が良くないとされています。ブルーベリーもまた、その一部と見られることがあるようです。

ブルーベリー自体が日本の伝統に深く根ざしているわけではありませんが、他の果樹と同様の見方をされる場合があるのです。

スポンサーリンク

庭にブルーベリーを植える利点

私自身、ブルーベリーの栽培経験があります。ブルーベリーは栽培が容易で、以下のような利点があります。

・栽培が手軽
・病気や害虫に強い
・葉の手入れが簡単

初心者でも栽培しやすい

ブルーベリーは管理が比較的簡単で、初心者でも取り組みやすい果物です。酸性を好む植物ですが、適切な土壌調整を行うことで、うまく育てることができます。

基本的な水やりや肥料の管理も必要ですが、他の果樹と比べても手間は少ないです。適切なケアを行えば、美味しい果実の収穫を楽しむことができ、庭作りの良い選択となるでしょう。

耐病性がある

ブルーベリーは病気や虫に対しての抵抗力があります。適切なケアとメンテナンスにより、病気や虫から樹木を守ることができます。

もし感染が起きた場合でも、適切な対応を速やかに行うことで、被害を最小限に抑えることができるのです。

落葉の手入れが簡単

ブルーベリーの木から落ちる葉は、他の樹木と比べて量が少なく、手入れが簡単です。そのため、庭が散らかりにくく、メンテナンスも容易です。

ブルーベリーを庭に植える際の考慮点

ブルーベリーの栽培にあたり、以下のポイントを考慮する必要があります。

・異なる品種を植える
・鳥から守る

異なる品種を植える

ブルーベリーの多くの品種は、他の品種との交配が必要です。異なる品種を一緒に植えることで、受粉が促進され、豊かな収穫が期待できます。

鳥からの保護

鳥に果実を食べられないように、ネットで保護することが推奨されます。ネットは鳥の侵入を防ぐため、適切なサイズと配置で設置する必要があります。

まとめ

古い信念に基づく迷信もありますが、適切なケアと管理で、ブルーベリーは庭での栽培に適しています。必要な対策を講じれば、美味しいブルーベリーを自宅で楽しむことができます。