靴のサイズが少し大きいときの対処法と応急処置から便利グッズについて | 楽しいことが一番大切

靴のサイズが少し大きいときの対処法と応急処置から便利グッズについて

スポンサーリンク


お気に入りの靴のデザインでも、履いてみるとゆったりとした感じや不安を感じること、経験がありませんか。特にオンラインで購入すると、このようなことがよく起こります。

そこで、靴のサイズが少し大きかった場合の対策方法をお伝えします。

スポンサーリンク

靴が大きい場合の緊急対策

外出先で靴がゆったりとしてしまった際の即効対策方法をご紹介します。これらのアイテムを常備しておくことで、安心感が得られます。

・絆創膏
・ティッシュペーパー
絆創膏は靴がゆるんできた部分に直接貼ることでズレを防ぎます。特に足に傷や擦れがない場合は、靴の内側に貼ることで安定感が増します。もし足に擦れや水ぶくれができている場合は、足にも絆創膏を貼ってください。

ティッシュペーパーは、足先のクッションとして使用します。かかとのゆるみを補完したい場合は、ティッシュペーパーを靴のかかと部分に挿入し、絆創膏で固定します。

ただし、これらは緊急時の対処方法ですので、家に帰った際には取り除いてください。

スポンサーリンク

靴サイズ調整の便利グッズ

上記の応急処置方法も一時的なものです。靴のサイズをピッタリにするための便利グッズを活用しましょう。

具体的な靴の調整方法や使用アイテムを、詳しくご紹介いたします。

1. 中敷きを使用する

適用靴:スポーツシューズ、ブーツ、ヒール付きシューズなど

大きめの靴に対応する方法として、中敷きが最適です。中敷きの厚さや種類を選ぶことで、少し大きめの靴にも対応可能です。

100円ショップでも様々な中敷きが取り扱われています。特に「極厚」の中敷きは、約1cmのサイズ調整が可能です。

この中敷きは三層構造となっており、必要に応じて土踏まずやかかとの部分を調整できます。つま先がきつい場合は、層を剥がしてサイズを調整することも可能です。

2. つま先を調整する

該当する靴:足先部分が覆われた靴(スポーツシューズ、ブーツ、パンプスなど)

靴が大きい場合、つま先にティッシュを入れる方法は、多くの方が試したことがあるのではないでしょうか。

つま先にやさしい柔らかなクッションは、快適性に寄与します。専用のつま先調整アイテムでなくても、短時間であればティッシュや柔らかな生地を使用することで調整が可能です。

ただし、長時間の歩行時は、足先が滑りやすくなるので注意が必要です。専用の調整アイテムを使用すれば、脱ぎ履き時にも便利で、布を使用するよりも安全です。

3.厚めの靴下を使用する

該当する靴:全体的に足を覆う靴(スポーツシューズ、ブーツ、パンプスなど)

厚手の靴下を履くことで、大きめの靴に対応する方法です。女性の場合、厚手のタイツの上から靴下を重ねると、約0.5cmの調整が可能です。

男性においても、厚手の靴下を1枚、または通気性の良い5本指の靴下の上からさらに1枚靴下を履くことで、サイズの調整が可能です。

4.靴専用のバンドを利用する

該当する靴:パンプス
女性のパンプスにおいて、靴が大きいとかかとが浮いてしまう場合、靴専用のバンドを使うと解消されます。

さまざまなデザインの靴専用バンドが販売されており、透明なものは目立たずに使用できます。さらに、ビジューやリボン、カラフルなものまで、選択肢は豊富です。

100円ショップでも取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

5.特定部分用インソールの利用

該当する靴:全ての靴、サンダルやミュールも含む

指先やかかと専用の滑り防止ジェルインソールがございます。これにより、大きな靴内で足が動くのを効果的に制御できます。100円ショップでも取り扱っております。

全面に敷く一般的な中敷きとは異なり、必要な部分に直接使用することで、より快適なフィット感を得られます。透明なジェルタイプは、デザイン性の高い女性のサンダルやミュールとも違和感なく組み合わせることが可能です。

さらに、スニーカー向けの部分インソールもラインナップにあり、サイズの調整だけでなく、ジェルが足への衝撃を緩和してくれるため、スポーツ愛好者にもおすすめです。

適切なサイズの靴選びのコツ

最後に、最適な靴の見つけ方をお伝えします。

靴選びは、一日の終わり、足が少しむくんだ時に試すと良いとされています。疲れた状態の足に合わせるのが適しているのです。

革靴やスニーカーのようなものは、使用中に伸びることがあるので、少し窮屈に感じる程度を目安に選んでください。

サンダルやミュールのかかとが高い場合、歩行時に大きく感じることが考えられます。購入時にインソールなどを併用することをおすすめします。

総括

完璧にフィットする靴を見つけるのは難しいですよね。サイズが少し大きいがデザインが気に入った場合や、思ったより大きく感じる場合でも、本日ご紹介した方法で適応することが可能です。シンデレラのように完璧な靴に出会うのは難しいかもしれませんが、少しの工夫で快適に履きこなしましょう!