スポンサーリンク

キレイキレイを買ってはいけない理由はあるのか?人体に危険な成分について

スポンサーリンク


近頃、「キレイキレイ」ハンドソープに関して「買ってはいけない」という声が見受けられますが、実際のところはどうなのでしょうか?一部では、この製品が有害な化学物質を含んでいるとの噂がありますが、それにはどの程度の真実があるのでしょうか?

スポンサーリンク

キレイキレイの安全性に関する疑問点

安全基準に準拠した成分

キレイキレイのハンドソープは、安全基準に準拠した成分のみが使用されています。以前、FDA(米国食品医薬品局)では、特定の殺菌成分を含む抗菌石鹸の販売が禁止されたことがありましたが、キレイキレイに使われている成分は、これらの安全基準に合致しているものです。
製品には、人体への影響を最小限に抑えるために、広範囲にわたる安全性試験を行った抗菌剤が含まれており、通常の使用状況下では人体への害はほとんどないと考えられています。

行われる安全性試験

キレイキレイに含まれる抗菌剤の安全性試験には、以下のような項目があります。
・急性経口毒性試験
・皮膚一次刺激性試験
・変異原性試験
・皮膚感作性試験
これらの試験は、公的機関やそれに準ずる機関によって行われ、基準を満たしていることが確認されています。したがって、キレイキレイの使用による人体への直接的な危険性は低いとされています。

以上の情報に基づくと、「キレイキレイ」ハンドソープは、一般的な利用方法においては安全であると考えられます。ただし、いかなる製品も誤用や過剰な使用は避けるべきであり、使用する際は製品の指示に従うことが重要です。

スポンサーリンク

キレイキレイ液体ハンドソープの成分詳細

キレイキレイの液体ハンドソープは、イソプロピルメチルフェノールという殺菌成分を含み、肌に優しい100%植物由来の洗浄成分を使用しています。手荒れを軽減する配慮もされているため、敏感肌の方にも適しています。

主な成分と特徴

キレイキレイハンドソープに含まれる主要成分は以下の通りです:
– イソプロピルメチルフェノール(殺菌効果で手肌を守る)
– グリセリン(保湿効果)
– ラウリン酸(洗浄成分)
– ソルビット液(保湿成分)
– ミリスチン酸(洗浄成分)
– 水酸化K(pH調整剤)
– アクリル酸アルキル共重合体エマルション-2
– モノエタノールアミン
– ポリスチレンエマルション
– 香料、EDTA

これらの成分により、効果的に汚れを落としつつ、すすぎが早く、洗い上がりにぬるつきを感じさせない洗浄力が特徴です。

キレイキレイ薬用液体ハンドソープの使用上の注意

キレイキレイ薬用液体ハンドソープは安全基準を満たした製品ですが、すべての人に推奨できるわけではありません。特に皮膚が敏感な方には注意が必要です。

デメリットと注意点

– 固形石鹸に比べて洗浄力が低い可能性
– 殺菌成分による強い効果が皮膚トラブルを引き起こすリスク
– 正しい手洗い方法での使用が推奨

これらの点を考慮し、特に敏感肌の方は商品の選択に注意が必要です。適切な手洗い方法に従うことで、汚れやウイルスを効果的に除去することができます。
★こちらの文書を、元の文章が分からないようにリライトして下さい。

タグの部分は変更しないでください。

手荒れが気になる方におすすめのハンドソープ

薬用せっけんは、実は、固形せっけんよりも洗浄力が弱い

固形せっけんに比べて、洗浄力は弱いですが、固形石鹸の泡立てが難しい子供などせっけんの効果を発揮できないこともあります。また、衛生上、固形石鹸は、複数の人数で使用するとよくないと言われています。

液体タイプよりもさらに、せっけんの濃度は薄くなってしまいますが、泡タイプのものがよい場合もあります。

・洗いやすい
・洗い流しやすい
・手洗いの習慣が付きやすい
使う人にあわせて、ハンドソープを選ぶ必要があります。

薬用せっけんには、殺菌効果があるが、手荒れの原因になることもある

洗浄力は、弱いけれど、殺菌効果に期待ができます。ですが、殺菌効果のあるものは、皮膚に刺激を与えるため、手荒れの原因となることもあります。

安全なハンドソープの選び方

手を洗うだけなら、なんでもよいと思っていたのですが、石鹸の種類によって、効果に違いがあります。手洗い石鹸といえば、私が子供の頃は固形のものでしたが、最近は子供も洗いやすいというのもあり、泡タイプが主流になりつつありますね。

衛生面では、固形のものより、ポンプタイプが望ましいと言われています。

自分にあったハンドソープを選ぶ基準

・洗浄効果のあるもの
・殺菌成分のあるもの
・皮膚にやさしいもの
・手洗いしやすいもの
順に、自分に合ったものを選びます。

自分に合ったハンドソープのタイプ

洗浄力、コスパは、固形タイプがおすすめ。しっかり、汚れやウイルスを落としたいなら、液体タイプ!泡タイプは、子供むけ。

固形石鹸は、液体タイプのものより洗浄効果があります。ですが、使う人に応じて選びます。

・固形タイプ…泡立てが、苦にならない人
・液体タイプ…しっかり、洗浄・除菌したい人。手荒れしない人。
・泡タイプ…子供や高齢者など泡立てが難しい人。手洗い習慣のない人。
手洗いを正しく行うことで、汚れやウイルスを洗い落とすことが可能です。
手洗いの目的は、

・汚れを洗いおとすこと。
・ウイルス(風邪・インフルエンザ・コロナなど)を洗いおとすこと。
手荒れが気になる方は、薬用タイプを避けることで手荒れが緩和されます。

洗浄、コスパ、使いやすさを比較すると平均してよいものは、液体タイプです。

まとめ

キレイキレイハンドソープには、体に悪い成分は含まれていない。安全基準をみたしたものです。薬用成分が配合されているもののほうが、汚れやウイルスを洗い落とせる可能性が高いということです。

薬用成分が配合されていなくても、正しい手洗いが出来れば十分効果はある。手洗いの最大の目的:汚れやウイルスを洗い落とすことです。手荒れが、気になるなら薬用成分の配合されていないものや洗浄力の弱いハンドソープを選びましょう。