スポンサーリンク

ほおずきを自宅の庭に植えてはいけないと言われるわけについて、縁起が悪い花言葉が不吉な

スポンサーリンク


ほおずきを自宅の庭に植えてはいけないと言われるわけについて、縁起が悪い花言葉が不吉など

ほおずき(鬼灯)を庭に植えるべきかどうかについては様々な伝承があり、それには良い面も悪い面も含まれています。お盆に帰ってくる先祖のしるしとされることもあれば、魔よけとしての役割を持つとも言われています。

スポンサーリンク

庭にほおずきを植えることの避けるべき理由

不吉な伝説があるから

ほおずきを庭に植えることに関する最も古い伝説の一つは、不幸な出来事が家族に起こるというものです。この迷信は、古来より伝わっているもので、ほおずきを庭に植えるという行為が不運を招くとされています。

この信じられている理由は定かではありませんが、その危険性はほおずきに含まれる有毒成分と関連があるとも言われています。信仰心が厚い人々にとっては、この植物は避けるべきかもしれません。

特に、霊的なことに敏感な人々は、このような迷信に深く影響されることがあり、不快な気持ちを抱くことがあるでしょう。

鉢植えでは大丈夫かもしれない

悪い影響を及ぼすとされるのは地植えの場合であり、鉢植えであれば問題ないとの考えも存在します。

これはあくまでも迷信であり科学的な根拠はないため、信じるか信じないかは個人の自由です。縁起を担ぐが、ほおずきを育てたいという人は鉢植えを試してみるのが一つの方法です。

有害な成分が含まれているため

ほおずきはその鮮やかな色合いで観賞用として人気ですが、実は有害なアルカロイドを含んでいます。

この成分は人体にとっては神経系に作用し、以下のような症状を引き起こす恐れがあります。

・吐き気
・腹部の痛み
・下痢

特に、小さな子どもやペットが間違って摂取することによる中毒の危険性があるため、庭に植えることは推奨されていません。

また、実だけでなく、ほおずきの根や葉、花にも毒性があり、これらを摂取するのは避けなければなりません。誤って摂取した場合は迅速に医療機関に相談することが求められます。

不穏な花言葉を持つため

庭にほおずきを植えるべきでない理由として、最後に挙げられるのが、その花言葉が持つ不穏なイメージです。

日本ではほおずきに以下のような花言葉があります。

・「うわべだけの美しさ」
・「秘めたる思い」
・「移り気」

西洋では、「欺瞞」という意味合いを持つ花言葉が存在しています。

スポンサーリンク

花の象徴としての意味合いによる影響

家庭環境における不調和の要因

特定の花が持つ象徴が原因で、家族間の亀裂や人間関係の緊張を深めることがあります。例えば、欺瞞を示唆するほおずきの存在が、既に揺らぎ始めている夫婦の絆をさらに弱める可能性があるのです。
さらに、欺瞞や隠蔽を暗示する花が問題の発生時に姑息な解決を図る人々を招き、状況を悪化させる恐れもあります。

ほおずきが引き起こす問題への対策法

困難を経験している家庭

庭にほおずきを植えたことで問題が起こった場合、落ち着いて全体の状況を見極めることが大切です。ほおずきが直接の原因であると早合点せず、他の可能性も考慮に入れましょう。

家族の健康や財政状況、対人関係が影響しているかもしれません。ほおずきの植栽後に不幸が続くと感じたら、以下の方法を試すことを考えてみてください。

ほおずきの撤去

根本からほおずきを取り除くことで、その植物から放たれる負のエネルギーを断ち切り、悪影響を減少させることができます。

庭の清浄化

・祓いの塩水をまく
・セージの葉を焚く
・クリスタルの力を利用する

これらにより、庭から不吉なエネルギーを取り除くことができます。

良縁を招く植物の導入

ほおずきの代わりに吉祥をもたらす植物を選びましょう。ただし、ほおずきが問題の根源でない場合、これらの対策は効果がないこともあります。そんな時は、専門家の助言を求めると良いでしょう。

迷信を気にしない方々へ

迷信を気にせず、庭にほおずきを植えたいと考えているなら、大きな問題とは感じないかもしれません。しかし、ほおずきには有毒な部分があるため、小さな子どもやペットがいる家庭では注意が必要です。
ほおずきを摘んで飾る際も、口にすることのないように注意しましょう。また、植物を取り除く選択をする場合は、手袋をして根元からしっかりと掘り起こす必要があります。迷信に捉われなくとも、自然環境や他人への配慮が求められます。

ほおずきを庭に植えることの好ましい効果

魔よけとしての役割

古来から、ほおずきは邪気を祓うとされています。特に、秋の成熟した赤い実は、家族の健康と幸せを護るために、玄関や庭に飾る習慣があります。

鮮やかな色彩は邪気を寄せ付けず、家庭に安寧をもたらすと言われています。

お盆の際の目印として

ほおずきは、お盆の装飾としても重要です。この時期、先祖の霊が戻ってくるとされ、ほおずきは彼らを導くために庭に飾られます。
赤い実は、先祖が戻ってきたことを示す強いシンボルとなっています。

ほおずきを安全に育てるための基本

植栽場所の選定

ほおずきは有毒なため、ペットや子どもが誤って食べないよう植える場所は慎重に選ぶべきです。

安全な場所を選んで植えることが推奨されます。

適切な保護具の使用

ほおずきの栽培時は、適切な手袋の着用が必要です。顔や口に手を触れる前には、手洗いを徹底しましょう。

他の食品との分離

ほおずきの果実や葉は有毒です。食用植物と誤って混ざらないように注意し、特に子どもやペットの手の届かない場所に保管することが重要です。