肌色の調合方法!たった3つの色の絵の具で作る理想の肌色の作り方! | 楽しいことが一番大切

肌色の調合方法!たった3つの色の絵の具で作る理想の肌色の作り方!

スポンサーリンク

絵画やアートにおいて、理想の肌色を表現することは重要な要素です。しかし、肌色は様々な要素の組み合わせによって作られており、正しい調合方法を知ることが必要です。本記事では、たった3つの色の絵の具を使用して、理想の肌色を作り出す方法について探求します。

具体的な調合の手法やアドバイスを通じて、肌色の表現に自信を持つことができるようになります。美しい肌色を作り出すための秘訣を学び、自分のアート作品に新たな魅力を加えましょう。

絵を描いたり工作をする際、肌色を使いたいことがあります。しかし、手元に適切な肌色の絵の具がないことや、持っている絵の具が理想の肌色でない場合、どうしたらいいのでしょうか?

この記事では、実は非常に簡単にできる、絵の具を使用した肌色の調合方法を紹介します。さらに、色の微調整方法も共有しますので、ご参考にしてください。

スポンサーリンク

たった3つの色で肌色を調合!

まず、最近では「肌色」という絵の具が市販されていないことをご存知でしょうか?実際の肌の色は、個人や人種によって異なります。人種によって肌の色は大きく異なることがあるため、肌色の多様性を尊重する傾向が強まっています。

そのため、「肌色」という表現が変わりつつあり、2000年前後から、クレヨンや色鉛筆のメーカーが「肌色」から「ペールオレンジ」や「うすだいだい」などの表現に変えています。ですので、肌色の絵の具を探している場合、色の名前に注目してみてください。

この記事では、分かりやすさを重視し、便宜上「肌色」という表現を使い続けます。

肌色を調合する方法

肌色は、たった3つの色を混ぜることで簡単に作ることができます。それらの色は「赤、黄、白」です。最初に、赤と黄を混ぜてオレンジ色を作ります。その後、白を加えて色の明るさを調整します。通常の分量は「赤1:黄1:白4」です。

日本人の肌は黄色みがかっているため、黄色は肌色を作る際に不可欠です。赤を少量加えることで、健康的な血色を与え、白を混ぜることで肌の明るさを調整できます。まずはこの基本の分量で肌色を作り、自分の好みに合わせて絵の具を少しずつ調整することをおすすめします。

肌色をカスタマイズ

肌色を調合するための3色の組み合わせ以外にも、より実際の肌に近い色を作るための他の組み合わせがあります。一般的な方法は「赤、黄、青」を使う方法です。人間の肌には青色が含まれており、静脈が青色を反射するため、これが肌の色に影響を与えることがあります。

赤と黄のベースカラーに青を混ぜることで、色白な肌色を作ることができます。また、透明水彩絵の具を使用する場合、水を使って色の濃さを調整するのが役立ちます。肌色を描く場合、透明感が重要です。肌色をカスタマイズする方法がさまざまあり、自分の描きたいイメージに合わせて試してみてください。

スポンサーリンク

重ね塗りで肌色を作る

これまで紹介した方法は「混色」の方法でした。これは、さまざまな絵の具の色を混ぜて新しい色を作る手法です。一方、「重色」という手法も存在します。この方法では、紙にさまざまな色を重ねて色を作り出します。混色はあっさりとしており、軽やかな印象を描くのに適しています。

一方、重色は色を塗り重ねるため、重たい印象やニュアンスのある絵を描くのに向いています。重色を使用する場合、前に塗った色が透けて見える必要があるため、透明水彩絵の具でうまく機能します。不透明な絵の具ではあまりうまく色を出すことができません。絵のイメージに応じて混色と重色を使い分けることが大切です。

肌色絵の具を購入する方法も検討に値します。ペンてる、サクラクレパス、ホルペインなどのメーカーは、肌色に近い絵の具を提供しています。これらの絵の具を購入すれば、肌色を調合する手間が省けるかもしれません。ただし、自分の描きたい肌の色に合わせて使い分けることも大切です。

まとめ

この記事では、絵の具を使用して肌色を作る

方法を紹介しました。肌色は、たった3つの色を混ぜることで簡単に調合できます。さらに、青や茶を加えたり、水を足したりして、肌の色味を変えることもできます。絵の具の種類やメーカーによっても肌色が異なるため、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

肌色を調合することが難しいと感じる場合は、肌色に近い絵の具を購入することもアリです。ペールオレンジ、うすだいだい、ジョーンブリヤンなど、肌色に近い絵の具が市販されています。自分の描きたい肌の色に合わせて、適切な絵の具を選んでみてください。