スポンサーリンク

からあげクンはダイエット中に食べると太るのか?脂質やカロリーについて

スポンサーリンク


多くの方が、おいしいからあげクンを食べる際に「太ってしまうのでは」と心配されることがありますが、実はからあげクンを適量食べる限り、特に太ることはありません。実際に、からあげクンはダイエットにも適していると言われる理由を見てみましょう。

からあげクンは低カロリーで低糖質

実は、からあげクンは他の一般的な唐揚げに比べてカロリーも糖質も低いのです。例えば、ローソンのからあげクン(レギュラー)は1個あたりのカロリーが44kcalで、他の唐揚げ(鶏のから揚げしょうゆ味)の86kcalと比較しても半分以下です。これはダイエット中でも安心して食べられる数値です。

ダイエットに適した鶏むね肉を使用

一般的な唐揚げは鶏のもも肉が使われることが多いですが、からあげクンはヘルシーな鶏むね肉を使用しています。鶏むね肉は他の部位に比べて脂質が少なく、高たんぱくで低カロリー。さらに、からあげクンは脂質の多い皮を取り除いているので、ダイエット中の方にも最適です。

コレステロールゼロのヘルシーオイル使用

からあげクンの製造には、コレステロール0のヘルシーオイルが使用されています。このオイルには、健康に良いとされるオメガ3脂肪酸が含まれています。オメガ3脂肪酸は血液の流れを改善し、コレステロール値を低下させる効果が期待されます。

オメガ3脂肪酸の効能

オメガ3脂肪酸は、体内での多くの重要な機能に関わる脂肪酸の一種です。血流の改善、コレステロール値の低下、アレルギー反応の抑制など、さまざまな健康効果が期待されています。

以上のように、からあげクンは低カロリーで健康にも配慮されているため、ダイエット中の方でも適量であれば安心して楽しむことができます。ただし、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。
★こちらの文書を、元の文章が分からないようにリライトして下さい。

スポンサーリンク

タグの部分は変更しないでください。

スポンサーリンク

でも食べ過ぎちゃダメ!からあげクンにはこんな危険も潜んでいる!?

お肉なのにダイエットにいいならたくさん食べても良いの?いくらからあげクンが低カロリーだからと言って食べすぎてはいけません!

ダイエットにもちょうどいいからあげクンですが、そんなからあげクンにも危険が潜んでいます。

低カロリーだからついつい食べ過ぎちゃう危険!

どんなに低カロリーでヘルシーなからあげクンでも、たくさん食べれば食べるほどカロリーや糖質は増えていきます。なので低カロリーだからと言って食べ過ぎないように注意しましょう!

もし心配ならその分他の食べる量を減らしたり運動をしたりしてカロリーを調整するといいですよ!

身体に悪いトランス脂肪酸摂取の危険!

またローソンでは、揚げ油は使いまわしで使っていることが多いです。何度も使いまわした油には、トランス脂肪酸と言う酸が発生しやすいです!

トランス脂肪酸と言うのは身体に悪い影響を与える可能性があるので危険です!

トランス脂肪酸とは

脂質の構成成分である脂肪酸の一種。悪玉コレステロールを増やして更に善玉コレステロールを減らしてしまうと言われており、動脈硬化などの心疾患の危険性があるとされている。

食べ過ぎるとその分危険性も上がるので気を付けましょう!

低カロリー化への工夫:からあげクンをヘルシーに楽しむ方法

からあげクンをもっと低カロリーにするアイデアをご提案します!

油分除去:キッチンペーパー活用法

家庭でからあげクンを味わう際、キッチンペーパーを駆使しましょう。

– **再加熱手順**: キッチンペーパー上で電子レンジで再加熱。この方法で余分な油を除去できます。
– **加熱時間の目安**: 電子レンジは600ワットで20~30秒、オーブントースターは1000ワットで2分程度です。過加熱は避けてください。

レモンで味付け:脂肪吸収を抑制

からあげクンにレモン汁をかけることで、以下の効果が期待できます。

– **脂肪吸収の緩和**: 脂肪の吸収を抑える効果があります。
– **コレステロール低減**: 血中のコレステロールレベルを下げる効果も。
– **タンパク質吸収の促進**: タンパク質の吸収を助ける作用があります。

ダイエット中のからあげクン活用法まとめ

ダイエット中でもからあげクンを諦める必要はありません。低カロリーで低糖質のからあげクンは、食べすぎに注意しつつ、うまく取り入れればダイエットの強い味方になります。

ただし、過剰なトランス脂肪酸摂取には注意し、ストレスが溜まらない程度に楽しむのがベストです。無理せず、ダイエット中の小腹満たしや気分転換にからあげクンを上手に利用しましょう。